ジャンル 現代社会と科学

八丁堀校

ディズニーで学ぶ経済学入門

  • 冬講座

山澤 成康(跡見学園女子大学教授)

曜日 土曜日
時間 13:00~16:30 ※途中休憩をはさみます。
日程 全1回 ・02月18日 ~ 02月18日
(日程詳細)
02/18
コード 240715
定員 30名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 5,940
ビジター価格 受講料 ¥ 6,831

目標

・経済学がどのような学問かがわかる。
・経済学がどのように応用されているかがわかる。
・統計を用いてどのように社会を理解するかがわかる。

講義概要

ディズニーランドという素材を使って、経済学を理解する授業です。ディズニーランドは1983年開園以来、着実に入園者数を増やしました。新型コロナウイルスの感染拡大の影響も、何とか乗り越えたようです。その人気の秘密を、価格戦略(ミクロ経済学)、集客戦略(マクロ経済学)を中心に探っていきます。ディズニーランドの強さの源泉である、キャラクターやプリンセスについても解説します。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 02/18   1.ディズニーランドの価格戦略(ミクロ経済学)
経済学の基本原理を用いて、ディズニーランドの価格戦略について説明します。トピックとしては、年間パスポートの価格設定(限界効用逓減の法則)、割引の効果(消費者余剰)、海外パークとの比較(購買力平価)、株価の変動要因(証券市場)、プレミアアクセスの適正価格(PSM法)などについてです。

2.ディズニーランドの集客戦略(マクロ経済学)
ディズニーランドの強さについて、統計などを使って説明します。トピックとしては、なぜ一人勝ちと呼ばれるのか(マクロデータ)、新型コロナウイルスとディズニーランド(オルタナティブデータ)、非日常性の演出(行動経済学)、キャラクターの強さの秘密(著作権)、プリンセスの変遷(ジェンダーギャップ)などについてです。

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆経済学としては初歩的な内容です。ディズニーやディズニーランドに興味がないと面白くないと思いますが、マニアの人には物足りないかもしれません。

講師紹介

山澤 成康
跡見学園女子大学教授
専門分野は経済予測。日本経済新聞社、日本経済研究センター研究員などを経て、現職。担当科目は「経済学入門」、「マクロ経済学」など。著書に「実戦計量経済学入門」(日本評論社)、「ディズニーで学ぶ経済学」(学文社)、「統計 危機と改革」(共著、日本経済新聞出版)などがある。
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店