ジャンル 現代社会と科学

中野校

はやぶさ2拡張ミッション―プロジェクトの成果と今後の計画

  • 冬講座

津田 雄一(宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所教授・はやぶさ2プロジェクトマネージャ)

曜日 土曜日
時間 13:00~16:15 ※途中に適宜休憩をはさみます。
日程 全1回 ・02月25日 ~ 02月25日
(日程詳細)
02/25
コード 340716
定員 66名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 5,940
ビジター価格 受講料 ¥ 6,831

目標

・はやぶさ2のミッションの経緯、技術的な挑戦、科学成果について理解を深める。
・地球帰還後のはやぶさ2の新たなミッションと目指す科学について理解を深める。

講義概要

人類未踏の小惑星「リュウグウ」の探査に成功した日本の小惑星探査機「はやぶさ2」は、2020年12月の地球帰還後に、新たな小惑星への探査に向かいました。一方で持ち帰ったサンプルからは、次々と新たな科学成果が出てきています。本講座では、はやぶさ2の技術・科学成果を振り返りつつ、最新の成果と、新たな探査の計画について解説します。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 02/25 はやぶさ2拡張ミッション―プロジェクトの成果と今後の計画  

講師紹介

津田 雄一
宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所教授・はやぶさ2プロジェクトマネージャ
広島県生まれ。宇宙工学、太陽系探査が専門。小惑星探査機「はやぶさ2」のプロジェクトマネージャとして、小惑星への着陸、サンプル採取や地球帰還を成功させた。近著に「はやぶさ2 最強ミッションの真実」(NHK出版)、「はやぶさ2の宇宙大航海記」(宝島社)、「はやぶさ2のプロジェクトマネージャーはなぜ「無駄」を大切にしたのか?」(朝日新聞出版)がある。
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店