ジャンル 芸術の世界

早稲田校

アルゼンチンタンゴの真実

  • 夏講座

小松 亮太(バンドネオン奏者、洗足学園音楽大学客員教授)

曜日 土曜日
時間 13:00~16:15 *途中休憩をはさみます。
日程 全2回 ・07月16日 ~ 07月30日
(日程詳細)
07/16, 07/30
コード 120482
定員 30名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 11,880
ビジター価格 受講料 ¥ 13,662

目標

・アルゼンチンタンゴの成り立ちについて理解する。
・バンドネオンについての概要を理解する。
・さまざまな観点からのタンゴの魅力を把握する。

講義概要

よく思われがちなアルゼンチンタンゴの印象と、現実との相違点についての検証を行うことで、アルゼンチンタンゴについての正しい知識を習得し、アルゼンチンタンゴをより一層楽しむための手がかりを見つけていただくことを目的としています。
オスバルド・プグリエーセ、ファン・ダリエンソ、アルフレド・ゴビなどアルゼンチンタンゴ界の巨匠たちの演奏音源など、多彩な資料を使用し、講義を進める予定です。
昨年は生誕100年、今年は没後30年を迎えるアストル・ピアソラについてのタンゴ界の活躍についてなど、お話しする予定です。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 07/16    
2 07/30    

講師紹介

小松 亮太
バンドネオン奏者、洗足学園音楽大学客員教授
東京生まれ。国内はもとより、カーネギーホールやアルゼンチン・ブエノスアイレスなどで、タンゴ界における記念碑的な公演を実現している。ソニーミュージックよりCDアルバム20枚以上を制作。「タンゴの真実」(旬報社)を2021年に上梓した。
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店