ジャンル 文学の心

オンライン

【無料体験講座】消費文化の中の村上春樹

  • 冬講座

助川 幸逸郎(岐阜女子大学教授)

曜日 金曜日
時間 19:00~19:30
日程 全1回 ・12月10日 ~ 12月10日
(日程詳細)
12/10
コード 749007
定員 200名
単位数
会員価格 受講料 ¥ 0
ビジター価格 受講料 ¥ 0

講義概要

無料体験会では、秋学期当講座の以下の内容を概観します。

その人がどんなモノを消費しているかが、社会に対するスタンスや地位を表わす最大の指標となる―〝消費文化〝と呼ばれるこうした風潮が、日本では1970年代にひろまりました。
村上春樹はデビュー当初、消費文化の旗手のように見られていました。しかし、日本社会の変質とともに、彼は次々と新しい姿に生まれかわっています。
本講座では、現代社会の〝これまで〝と〝これから〝を、村上春樹の歩みを追うことで考察します。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 12/10    

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆Zoomウェビナーを使用したオンライン講座です。
◆本講座に続く、有料講座は以下のURLよりご覧頂けます。
https://www.wuext.waseda.jp/course/detail/54154/
奮ってのお申し込み、お待ちしております。
◆お申込みの前に必ず「オンラインでのご受講にあたって」をご確認ください。

備考

・会員以外の方が本無料体験講座をお申し込みされる場合は、ビジターとしてお申し込みください。
・本授業動画は、後日当センター公式Youtubeチャンネルで公開予定です。
・Youtubeで視聴された方は入会金無料の対象になりません。入会金無料をご希望の方は、本無料体験講座にてご受講ください。

講師紹介

助川 幸逸郎
岐阜女子大学教授
1967年生まれ。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業、大学院文学研究科日本文学専修博士課程修了。主な著書に『謎の村上春樹』(プレジデント社)・『小泉今日子はなぜいつも旬なのか』(朝日新聞出版)・『平成の文学とはなんだったのか』(重里徹也との共著・はるかぜ書房)・『教養としての芥川賞』(重里徹也との共著・近刊・青弓社)。

  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店