ジャンル 芸術の世界

オンライン

マティスと布

  • 秋講座

関 直子(早稲田大学教授)

曜日 土曜日
時間 13:00~16:30 ※途中休憩をはさみます。
日程 全1回 ・12月04日 ~ 12月04日
(日程詳細)
12/04
コード 730405
定員 30名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 5,940
ビジター価格 受講料 ¥ 6,831

目標

・「布」をキーワードとして、晩年まで創作を展開したマティスの仕事を新たな角度から捉えます。

講義概要

テキスタイル産業で知られる北フランス出身の画家アンリ・マティス(1869ー1954)は、生涯にわたり創作活動において布への関心を持ち続けました。室内空間を描く際に、テーブルの上の植物モティーフの布を壁紙にまで延長させ、装飾的で平面的な絵画を生み出しました。また、舞台衣装や司祭の服のデザインも手がけるなど、二次元の平面と三次元の空間を自由に往還する創造を展開したマティスの仕事を、布を軸に見つめ直します。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 12/04    

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆Zoomウェビナーを使用したオンライン講座です。
◆お申込みの前に必ず「オンラインでのご受講にあたって」をご確認ください。

講師紹介

関 直子
早稲田大学教授
早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。東京都現代美術館開設準備室を経て同館学芸員として、日本と欧米を中心とした近現代美術の展覧会を企画。2020年より早稲田大学文学学術院教授。
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店