ジャンル 文学の心

オンライン

【無料体験講座】和歌と伝統文化-歌をしたためる作法-

  • 夏講座
  • 資料配付

兼築 信行(早稲田大学教授)

曜日 土曜日
時間 14:30~15:00
日程 全1回 ・06月26日 ~ 06月26日
(日程詳細)
06/26
コード 729008
定員 450名
単位数
会員価格 受講料 ¥ 0
ビジター価格 受講料 ¥ 0

目標

・くずし字、変体仮名を読解する力を身につける。
・和歌を正しく解釈する力を身につける。
・和歌を軸に、日本文化に対する理解を深める。

講義概要

和歌が詠まれ、発表される過程において、実際にどのように歌は文字化されたのかを、具体的な資料に即しながら紹介します。この体験講座では、主に短冊の書法を取り上げます。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 06/26 短冊の作法 短冊とは何か、どのようにして書かれるのかを、やさしく講義します。

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆早稲田大学図書館蔵『千鳥のあと』を用います。下掲の早稲田大学の古典籍総合データベースからダウンロード可能ですので、できれば各自準備してください。
https://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/html/i04/i04_03159_c083/index.html
◆できれば、筆ペンか黒のサインペンと、縦36㎝、幅6㎝に切った白紙を用意して受講してください。
◆Zoomウェビナーを使用したオンライン講座です。
◆本講座に続く、有料講座は以下のURLよりご覧頂けます。https://www.wuext.waseda.jp/course/detail/52605/奮ってお申込みお待ちしております。
◆お申込みの前に必ず「オンラインでのご受講にあたって」をご確認ください。

備考

・会員以外の方が無料講座をお申し込みされる場合は、ビジターとしてお申し込みください。
・無料講座は開講後の授業動画の配信は行いません。

講師紹介

兼築 信行
早稲田大学教授
早稲田大学大学院文学研究科日本文学専攻博士課程後期中退。早稲田大学高等学院教諭、文学部専任講師、助教授を経て現職。専門は日本古典文学、和歌文学、文献学。著書に『一週間で読めるくずし字古今集・新古今集』、『同伊勢物語』(淡交社)、『聞いて楽しむ百人一首』(創元社)などがある。
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店