ジャンル 現代社会と科学

オンライン

気象学 ― 東京の夏の暑さを科学する

  • 夏講座

山口 隆子(法政大学准教授)

曜日 月曜日
時間 10:30~12:00
日程 全3回 ・07月05日 ~ 07月19日
(日程詳細)
07/05, 07/12, 07/19
コード 720708
定員 90名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 8,910
ビジター価格 受講料 ¥ 10,246

目標

・気象観測の基本を知る。
・ヒートアイランド現象と地球温暖化の違いについて理解する。
・都市緑化による対策の実態と熱中症対策について学ぶ。

講義概要

毎年、夏になると、「明日は、猛暑日となる予想です。熱中症に注意してお過ごしください」という天気予報を耳にすることが多いのではないでしょうか。本講義では、東京の夏の暑さがどのように観測されているのか、また、東京の暑さの原因とは何か(ヒートアイランド現象と地球温暖化)について学ぶことで、正しく東京の暑さを捉え、さらに、都市緑化による対策や熱中症対策について学び、暑さを乗り切る工夫について解説していきます。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 07/05 暑さを知る アメダスをはじめとした気象観測の実態を学ぶ
2 07/12 二つの温暖化 ヒートアイランド現象と地球温暖化
3 07/19 暑さを乗り切る 都市緑化による対策と熱中症対策

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆休講が発生した場合の補講は、7月26日(月)を予定しています。
◆Zoomウェビナーを使用したオンライン講座です。
◆お申込みの前に必ず 「オンラインでのご受講にあたって」をご確認ください。

講師紹介

山口 隆子
法政大学准教授
1972年東京都生まれ。お茶の水女子大学文教育学部地理学科卒業。博士(学術)。1996年東京都入都、造園職として緑行政に従事。2017年から現職。専門分野は、気候学・生気象学。著書に『ヒートアイランドと都市緑化』など。

  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店