ジャンル 世界を知る

早稲田校

社会人のための必修教養講座 中国文明史の謎を解く

  • 春講座

葉 千栄(東海大学教授)

曜日 土曜日
時間 10:40~16:15 ※途中休憩をはさみます。
日程 全1回 ・06月12日 ~ 06月12日
(日程詳細)
06/12
コード 110399
定員 30名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 8,910
ビジター価格 受講料 ¥ 10,246

目標

・中国の文明史を多元性という新たな視点で見ることができる。
・異文化交流の史実で多民族の「共生」を知る

講義概要

「長江文明」は第五の文明であったのか? 漢字はどのように誕生したのか? 始皇帝の力はなぜそれほどまでに強大であったのか? 楼蘭王国はなぜ砂漠に消えたのか? 「万里の長城」と年間降雨量の関係は? その壁が越えられた時、中国では何が起きたのか? 想像の産物と言われた「シャングリラ」はどのように発見されたか? 文明史の壮大なスケールの中で、新たに復眼的視点で中国文明の原点を見る、文明史から今日への啓示について考える。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 06/12    

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆休講が発生した場合の補講は、6月19日(土)を予定しています。

備考

2019年度冬学期八丁堀校講座「社会人のための必修教養講座 中国文明史の謎を解く」(240350)とほぼ同内容となります。

講師紹介

葉 千栄
東海大学教授
上海生まれ。早稲田大学大学院政治研究科修士課程修了。東アジアの文化・政治・経済に関する講義を行うかたわら、日中・米中関係、中国の政治経済を分析するジャーナリストとして活躍中。著書に「リアルチャイナ」(ダイヤモンド社)「チャイナビックバン」(アークコミュニケーションズ)など。
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店