ジャンル 人間の探求

オンライン

社会人のための必修教養講座 もう一度最初からの哲学史

  • 春講座
  • 夜間
  • 入門
  • 資料配付

高橋 章仁(国士舘大学講師、聖学院大学講師)

曜日 月曜日
時間 19:00~20:30
日程 全6回 ・05月17日 ~ 06月21日
(日程詳細)
05/17, 05/24, 05/31, 06/07, 06/14, 06/21
コード 710507
定員 90名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 17,820
ビジター価格 受講料 ¥ 20,493

目標

・哲学するとはどういうことなのかを哲学史の変遷をたどることを通じて理解する。
・哲学書を解読する喜びを体感する。
・自力で哲学するための足がかりをつかむ。

講義概要

本講座では、哲学史の流れに沿って哲学者たちの実際の文章を順次取り上げ(本年度は道徳哲学の系譜をたどります)、初学者にも理解していただけるように、哲学に必要不可欠な基礎知識を一つ一つ確認しつつ、丁寧に解説していきます。哲学書なんて一人では読めない、でも読んでみたいという方々に、ともに読み進めていくことで、主体的に考えることを実践できるよう、お手伝いをさせていただきます。さあ、一緒に哲学書を読んでみませんか?

各回の講義予定

日程 講座内容
1 05/17 ソクラテスの知徳合一論  
2 05/24 アリストテレスの倫理学  
3 05/31 デカルトの道徳論  
4 06/07 ヒュームの道徳論  
5 06/14 功利主義  
6 06/21 カントの道徳哲学  

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆毎年、前提となる知識をゼロにし、あらためて一から解説していきます。
◆前回と異なるテクストを読みますので、すでに同名講座を受講されている方々も奮ってご参加ください。
◆休講が発生した場合の補講は、6月28日(月)を予定しております。
◆Zoomウェビナーを使用したオンライン講座です。
◆お申込みの前に必ず「オンラインでのご受講にあたって」をご確認ください。

講師紹介

高橋 章仁
国士舘大学講師、聖学院大学講師
1967年東京生まれ。早稲田大学第二文学部卒業後、同大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学。博士(哲学・早稲田大学)。専門分野は近現代ドイツ哲学。ヤスパースをドイツ観念論との関連から読み解くことに主たる関心がある。訳書に『シェリング』(行人社)がある。
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店