ジャンル 文学の心

オンライン

万葉集入門

  • 冬講座
  • 入門
  • 資料配付

高松 寿夫(早稲田大学教授)

曜日 火曜日
時間 13:00~14:30
日程 全4回 ・02月02日 ~ 03月02日
(日程詳細)
02/02, 02/09, 02/16, 03/02
コード 740107
定員 90名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 11,880
ビジター価格 受講料 ¥ 13,662

目標

・『万葉集』の基礎知識を身につける。
・和歌の解釈・鑑賞のための基礎知識を身につける。

講義概要

現存最古の和歌集『万葉集』から、代表的な作品を取り上げお話しします。『万葉集』は100年以上にわたる長い期間の作品が収録されていますが、時代順に作品を取り上げ解説して行きます。今回は、中大兄「三山歌」(巻一)、柿本人麻呂「吉備津采女挽歌」(巻二)、高橋虫麻呂「浦島子歌」(巻九)、大伴家持の早春歌(巻二十など)を取り上げる予定です。『万葉集』の基礎知識も交えながら、わかりやすくお話しします。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 02/02 中大兄「三山歌」(巻一)  
2 02/09 柿本人麻呂「吉備津采女挽歌」(巻二)  
3 02/16 高橋虫麻呂「浦島子歌」(巻九)  
4 03/02 大伴家持の早春歌(巻二十など)  

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆休講が発生した場合の補講は、3月9日(火)を予定しております。
◆Zoomウェビナーを使用したオンライン講座です。

備考

この講座は早稲田校大教室でのライブビューイング形式の講座も行っております。
140101 【ライブビューイング】万葉集入門
ライブビューイング形式の講座をご希望の方はこちらからお申込みください。

講師紹介

高松 寿夫
早稲田大学教授
1966年長野県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、同大学院文学研究科博士後期課程中退。博士(文学・早稲田大学)。専門分野は、日本上代文学。著書に、『上代和歌史の研究』(新典社)、『コレクション日本歌人選 柿本人麻呂』(笠間書院)など。
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店