ジャンル 人間の探求

中野校

仏像の光と闇 ― 入門編 ― 今さら聞けない基本から、ほかでは聞けない仏像秘話まで

  • 春講座
  • 夜間
  • 入門
  • 資料配付

宮澤 やすみ(神仏研究家、音楽家)

曜日 水曜日
時間 19:00~20:30
日程 全3回 ・05月13日 ~ 05月27日
(日程詳細)
05/13, 05/20, 05/27
コード 310524
定員 24名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 8,910
ビジター価格 受講料 ¥ 10,246

目標

・仏像の基礎知識を習得し、尊像を見分ける。
・煩悩や怨霊に向き合ってきた古人たちの心の有り様を理解する。
・神仏習合の考え方を理解する。

講義概要

まず基礎知識として各種仏像の見分け方、見どころを紹介。崇高な仏を必要とした人間の心の闇にスポットを当て、日本人の宗教観と信仰の裏表を考えます。謎めいた神仏習合世界や、ちょっと面白い民間伝承も紹介し、仏教以外の側面からもアプローチします。初心者向けの入門講座で、”今さら聞けない”初歩的なところから話を進め、夏と冬に予定する発展講座への足掛かりにもなります。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 05/13 如来、菩薩 ― 観音と交わる僧 仏教の主役である如来、菩薩の本質を理解します。先人が如来菩薩とどう接してきたか、歴史上のエピソードも紹介します。
2 05/20 天、明王 ― インドの邪神の神秘世界 「呪いの装置」としての明王と、守護神である天を紹介。呪術性と闇のあるキャラクターを紹介します。
3 05/27 権現、習合神 ― 日本の怪異神のひみつ 日本独自の尊像である権現と、習合神を紹介し、神仏習合をベースにした日本独自の信仰世界を紹介します。

備考

4月8日・4月15日・4月22日は休講となります。補講は5月13日・5月20日・5月27日に行います。

講師紹介

宮澤 やすみ
神仏研究家、音楽家
1969年山口生まれ。立教大学卒。神仏習合、宗教民俗学の立場から幅広い分野で寺社仏像の魅力を伝える。小唄師範で音楽家としても活動する“歌う神仏研究家“。最新刊『仏像の光と闇』(水王舎)、『仏像にインタビュー』(ディスカヴァー21)ほか仏像に関する著書多数。CDに『末法思想』などがある。

  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店