ジャンル 人間の探求

早稲田校

聖書を神話的・図像的に読む

  • 冬講座
  • 入門

西山 清(早稲田大学名誉教授)

曜日 月曜日
時間 13:00~14:30
日程 全7回 ・01月20日 ~ 03月09日
(日程詳細)
01/20, 01/27, 02/03, 02/10, 02/17, 03/02, 03/09
コード 140518
定員 30名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 20,790
ビジター価格 受講料 ¥ 23,908

目標

・旧約と新約からなる聖書の構造的な意味を理解する。
・宗教の土台にある神話的観点からの解釈を理解する。
・宗教画の「読み方」に繋がる基本的知識を習得する。

講義概要

西洋文明の二大潮流のひとつであるヘブライ・クリスチャンの神話を、原理的、象徴的、図像的に読み込んでみる。また、もうひとつの流れであるグレコ・ローマンの神話における神の捉え方との違いについても言及しつつ、できるだけ具体的に講義をすすめたい。日本語訳の聖書では読み込みが困難な場合には、英語の聖書(欽定訳)からの語源的知識などを援用しながら理解を深めたい。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 01/20 旧約聖書と新約聖書 予型論で結ばれる旧約と新約 / 万物の創造からキリストの復活までたどる聖書の神話体系 / ギリシア(ローマ)の個別の神々とヘブライの唯一神ヤーウェ / I AM とは? ➡➡ 創世記(旧約)〜 福音書(新約)/ 図像解読
2 01/27 天地創造から楽園喪失にいたる神話の役割 エデンと楽園 / さまざまな名称に込められた意味 / 人類の名祖(eponym)とその子孫 / ノアの大洪水と三人の息子 / アブラハムとイサク / ヤコブからイスラエルへ ➡➡ 創世記 / 図像解読
3 02/03 第一の救世主モーセ モーセ誕生とファラオ(パロ)の蛮行 / 神の顕現と十の災厄 / 約束の地を求める民族の流離 / 十誡と荒野の試練 ➡➡ 出エジプト記 〜 民数記 / 図像解読
4 02/10 英雄たちの活躍(旧約)/四つの福音書(新約) ダビデとゴリアテ / ソロモンの大岡裁き ➡➡ サムエル記・上 〜 列王記・上
5 02/17 聖家族とイエスの布教 バプテスマのヨハネとイエスの洗礼 / ガリラヤでの布教活動と教会の象徴 / 山上の教え:八福 〜 地の塩 〜 黄金律 Cf. sub specie aeternitatis / 図像解読
6 03/02 イエスのたとえ話 たとえ話の実例 / 水の上を歩く / ペテロの信仰告白 / 山上の変容 / ゲッセマネの園 / 図像解読
7 03/09 十字架上の死と復活 イエスの死と涅槃 / 復活と覚醒 / 一粒の麦 / 図像解読

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆必要な資料は配付しますが、できれば「共同訳」の日本語聖書を手許に置いてください。英語の聖書を読んでみたい方は格調高い「欽定訳聖書」をおすすめします。

テキスト

テキスト
『日本語聖書(旧約・新約)』

講師紹介

西山 清
早稲田大学名誉教授
略歴: 1949年生まれ。1980年早稲田大学文学研究科博士課程中退、同志社大学専任講師をへて1984年早稲田大学着任、2017年早期退職。学術博士。著書:『Keats's Myth of the Fall』(北星堂)、『聖書神話の解読』(中公新書)、『イギリスに花開くヘレニズム』(丸善プラネット)
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店