ジャンル 芸術の世界

中野校

社会人のための必修教養講座 クラシック音楽全史

  • 冬講座
  • 夜間

松田 亜有子(アーモンド株式会社 代表取締役、株式会社経営共創基盤(IGPI)顧問)

曜日 水曜日
時間 19:00~20:30
日程 全4回 ・01月29日 ~ 03月04日
(日程詳細)
01/29, 02/05, 02/19, 03/04
コード 340421
定員 50名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 11,880
ビジター価格 受講料 ¥ 13,662

目標

・リベラルアーツであるクラシック音楽のルーツを知る。
・産業革命、ナショナリズムの台頭など、歴史の荒波と連動していた音楽を知る。

講義概要

言葉を超えた音楽こそ、「世界共通のビジネスツール」。産業革命がもたらすライフスタイルの変化など、音楽を知りながら歴史を違った側面から見通せる、そんなトピックをご紹介していきます。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 01/29 ウィーン黄金期の最後の輝き マーラー  
2 02/05 パリ万博とジャポニズム:印象派の登場 ドビュッシー  
3 02/19 ストラヴィンスキー  
4 03/04 日本における西洋音楽とオーケストラの発展  

備考

◆パンフレット記載の日程に変更が生じました。ご注意ください。(休講)1/22→(補講)1/29となります。

講師紹介

松田 亜有子
アーモンド株式会社 代表取締役、株式会社経営共創基盤(IGPI)顧問
活水女子大学音楽学部ピアノ・オルガン学科を首席で卒業後、長岡市芸術文化振興財団にて企画・広報に従事。その後東京フィルハーモニー交響楽団を経て、日本郵政株式会社コーポレートコミュニケーション部門にて、CSRの具体的活動の企画立案・実現に取り組む。経営共創基盤(IGPI)に参画。2013年再び東京フィルに戻り「東京フィル創立100周年記念ワールドツアー」等の広報渉外統括責任者として、世界各地での広報・交渉に務める。2018年11月、コンサートの企画・宣伝等を行うアーモンド株式会社を設立、代表取締役に就任。
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店