ジャンル 日本の歴史と文化

早稲田校

天皇即位儀礼の歴史 神話と祭儀

  • 秋講座
  • 入門
  • 資料配付

水林 彪(早稲田大学名誉教授、東京都立大学名誉教授)

曜日 水曜日
時間 14:45~16:15
日程 全6回 ・10月30日 ~ 12月04日
(日程詳細)
10/30, 11/06, 11/13, 11/20, 11/27, 12/04
コード 130230
定員 30名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 17,820
ビジター価格 受講料 ¥ 20,493

目標

・天皇即位に際しての儀式体系の歴史について理解を深める。
・諸儀式の背後にある神話について理解を深め、「祭儀神話と儀式」という観点から天皇即位儀式体系を理解する。
・2019年に相次いで挙行される天皇即位関連諸儀式は、古来のものというよりも、大正天皇の即位にむけて制定された1909年の登極令を下敷きにするものであることを理解する。

講義概要

(1)列島の王が「大王」とよばれていたヤマト政権時代(6〜7世紀)の大王位即位儀礼、 (2)藤原宮・前期平城宮時代(7世紀末〜8世紀前半)の天皇即位関連儀式体系、 (3)『貞観儀式』(9世紀中葉)が定めた即位関連儀式体系、 (4)中世および近世における仏教化した即位儀式(即位灌頂)、(5)国家神道を祭儀神話とする近代天皇制の即位儀式体系などについて順次解説し、(6)最後に、大日本帝国憲法から日本国憲法へと変化したにもかかわらず、明仁・徳仁天皇の即位儀式体系は、近代天皇制時代のものを基本的に踏襲するものとなったことなどをのべる。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 10/30 ヤマト王権時代の大王即位儀礼 (1)列島における王政の起源、(2)天皇家の起源、(3)ヤマト王権時代の大王即位儀礼。この回も含めて、各回の内容はおおよその目安であることをお断りしておきます。第2回の内容に第1回の最後の方で触れたり、反対に、第1回の最後の方が第2回の冒頭にずれこんだりすることがありえます。同じことが毎回生ずることも想定されますので、この点、あらかじめご承知下さい。
2 11/06 律令天皇制成立期の即位儀礼(その1)―祭儀神話としての古事記 (1)『古事記』と『日本書紀』の根本的相違、(2)律令天皇制の〈憲法〉としての古事記、(3)古事記神話の概要
3 11/13 律令天皇制成立期の即位儀礼(その2)―即位関連儀式体系 (1)神賀辞奏上儀、(2)天神寿詞奏上・神璽鏡剣奉上儀、(3)践祚儀(即位儀)、(4)惣天神地祇祭、(5)大嘗祭
4 11/20 『貞観儀式』(9世紀中葉)における天皇即位儀式体系 (1)8世紀中葉における古事記神話王権(天皇=藤原氏王権)の崩壊と天皇制の変質、(2)9世紀前半期における天皇=藤原王権の再建、(3)貞観儀式即位儀式体系
5 11/27 中近世の天皇即位儀式体系 (1)即位儀式の仏教化(即位灌頂)、(2)戦国期における天皇制の推戴と儀式挙行の困難、途絶、(3)天皇制の機能と本質、(4)江戸時代における大嘗祭の「再興」
6 12/04 1909年登極令における天皇即位儀式体系と戦後天皇即位諸儀式 (1)1909年登極令における天皇即位儀式体系、(2)明仁・徳仁両天皇の即位関連諸儀式

テキスト・参考図書

参考図書
『記紀神話と王権の祭り(新訂版)』(岩波書店)(ISBN:978-4000225137)

講師紹介

水林 彪
早稲田大学名誉教授、東京都立大学名誉教授
山形県生まれ。博士(法学、一橋大学)。専門は日本法制史、比較法社会史。東京都立大学、一橋大学、早稲田大学などで、日本法制史、比較法社会史を担当してきた。主要著作は、『封建制の再編と日本的社会の確立』(山川出版社)、『記紀神話と王権の祭り』(岩波書店)、『天皇制史論』(岩波書店)。
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店