ジャンル ビジネス・資格

早稲田校

改正民法のポイント解説講座

  • 秋講座

吉田 和夫(早稲田大学教授)

曜日 土曜日
時間 13:00~16:15 ※途中15分間の休憩をはさみます。
日程 全2回 ・11月23日 ~ 11月30日
(日程詳細)
11/23, 11/30
コード 130819
定員 30名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 15,840
ビジター価格 受講料 ¥ 18,216

目標

・2017年民法改正の概要について理解する。
・2020年4月1日からの改正民法施行に向けて、実務への影響を理解する。

講義概要

民法の債権関係(契約等)の規定は、明治29年(1896年)の制定から約120年間、ほとんど改正なしに運用されてきました。今回の改正では、債権関係の規定について、社会・経済の変化に対応するための見直しが行われました。実務で通用している基本的なルールを、わかりやすく適切に明文化することも目的としています。改正の対象は債権(契約関連法)が中心ですが、それに関連して総則部分の改正も行われています。本講座では、改正の概要、改正理由、生活や実務に与える影響などについてお話しする予定です。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 11/23 債権総論部分の改正 民法制定後の改正、特別法制定などの経緯、2017年改正の意義などの説明。債権総論部分の改正の概要。
2 11/30 債権各論部分の改正 債権各論部分、総則部分の改正の概要。

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆補講は12月7日を予定しています。

テキスト

テキスト
『最新版の「六法」(民法部分だけでも可)をご用意ください。または、法務省のサイトにある新旧対照表(http://www.moj.go.jp/content/001242222.pdf)でも結構です。』

講師紹介

吉田 和夫
早稲田大学教授
早稲田大学社会科学総合学術院教授。担当科目は、民法関連科目、法情報学(インターネットと法)など。共編著『市民生活関係法の新たな展開』(敬文堂)。
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店