ジャンル 世界を知る

早稲田校

発掘成果から迫る三国志 東博特別展「三国志」の見どころ

  • 夏講座
  • オムニバス
  • 資料配付

渡邉 義浩(早稲田大学教授)
仙石 知子(早稲田大学講師)

曜日 火曜日
時間 13:00~14:30
日程 全4回 ・07月09日 ~ 07月30日
(日程詳細)
07/09, 07/16, 07/23, 07/30
コード 120338
定員 40名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 11,664
ビジター価格 受講料 ¥ 13,413

目標

・三国志の基本知識を身につける。
・三国時代の文物を知る。
・曹操高陵に対する理解を深める。

講義概要

7月9日から東京国立博物館で行われる特別展「三国志」の見どころを中心としながら、三国時代の基本知識と文物、曹操高陵についてお話しします。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 07/09 三国志展の概略 当日始まる「三国志展」の見どころをご説明します。
2 07/16 『三国志』と『三国志演義』 「三国志展」に関わりながら、『三国志演義』の特徴をお話します。
3 07/23 朱然と関羽の死 「三国志展」でその墓が扱われる朱然と関羽との関わりをお話します。
4 07/30 曹操高陵 「三国志展」で再現される曹操高陵についてご説明します。

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆補講は8月6日を予定しています。

講師紹介

渡邉 義浩
早稲田大学教授
1962年生まれ、文学博士。『全譯後漢書』により大隈記念学術褒賞受賞。専門は「古典中国」。『三国志 演義から正史、そして史実へ』(中公新書)、『魏志倭人伝の謎を解く 三国志から見る邪馬台国』(中公新書)、『「三国志」の政治と思想』(講談社選書メチエ)、『三国志英雄たちと文学』(人文書院)など。
仙石 知子
早稲田大学講師
1971年東京生まれ。博士(中国学)。専門は、中国明清小説。現在、早稲田大学教育学部で、「三国志演義」の授業を担当。著書に、『明清小説における女性像の研究』(汲古書院)、『「三国志」の女性たち』(山川出版社、渡邉義浩と共著)がある。
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店