ジャンル 日本の歴史と文化

八丁堀校

戦国時代の政治と文化

  • 夏講座
  • 資料配付

浜口 誠至(産業能率大学兼任教員)

曜日 水曜日
時間 13:00~14:30
日程 全5回 ・07月10日 ~ 08月07日
(日程詳細)
07/10, 07/17, 07/24, 07/31, 08/07
コード 220204
定員 30名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 14,580
ビジター価格 受講料 ¥ 16,767

目標

・戦国時代の政治と文化への理解を深めます。
・戦国大名や将軍の政治構想について、武家儀礼を通じて学びます。
・儀礼に反映された、参加者たちの人間関係も取り上げます。

講義概要

戦国大名が戦いにあけくれた時代として語られることが多い戦国時代ですが、実際は戦いだけではなく政治によって時代が動いていました。そして、政治と密接に結びつき、戦国大名らの意図や立場が反映されたのが、文化でした。本講座では、戦国大名や将軍と関わりが深い武家儀礼と、儀礼が行われる背景を取り上げることにより、戦国時代の実像に迫ります。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 07/10 織田信長と武家儀礼 ―二条御所の建設と馬揃―  
2 07/17 上杉謙信の関東管領就任式 ―上杉家の継承と関東進出―  
3 07/24 洛中洛外図屏風と将軍御所 ―屏風に描かれた幕府儀礼の舞台―  
4 07/31 足利将軍の大名邸御成 ―将軍と大名の人間関係―  
5 08/07 将軍家の元服 ―足利家から徳川家への継承―  

講師紹介

浜口 誠至
産業能率大学兼任教員
筑波大学大学院人文社会科学研究科修了。博士(文学)。専門分野は、日本中世史。主な著作として、『在京大名細川京兆家の政治史的研究』(思文閣出版、2014年)、「足利義澄」(榎原雅治・清水克行編『室町幕府将軍列伝』、戎光祥出版、2017年、所収)がある。
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店