ジャンル 人間の探求

早稲田校

古代エーゲ海思想巡礼

  • 冬講座
  • 入門
  • 資料配付

堀江 聡(元ピサ大学客員教授、東京大学講師、元新プラトン主義協会会長)

曜日 金曜日
時間 10:40~12:10
日程 全4回 ・01月10日 ~ 01月31日
(日程詳細)
01/10, 01/17, 01/24, 01/31
コード 140502
定員 30名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 11,880
ビジター価格 受講料 ¥ 13,662

目標

・「ギリシア哲学」と言っても、その範囲は現代の国割りでトルコ、シリア、レバノン、イスラエル、エジプトなどを含む地域であることを理解しましょう。
・机上を離れて、旅が哲学を育てる側面もありはしないか、考えてみましょう。
・哲学が藝術をはぐくむこともあるのではないか、問うてみましょう。

講義概要

昨夏の古代ギリシア哲学パワースポット巡礼の画像を眺めながら、哲学発祥のミレトス(タレス、アナクシマンドロス)、エフェソス(ヘラクレイトス)、パトモス島(「ヨハネ黙示録」)、イスタンブル(プロクロス)各地の守護精神が私を通して少しでも古代思想を語り出すことを祈って講義に臨みます。他にペルガモン、スミルナ、アフロディシアス、パムッカレ、ヒエラポリス(使徒フィリッポスの墓)、ラオディケイア、コンヤ、カッパドキア、ゴルディオン、ブルサも瞥見する予定です。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 01/10 タレス、アナクシマンドロスのミレトス  
2 01/17 エフェソスのヘラクレイトス  
3 01/24 ヨハネ黙示録など啓示と哲学  
4 01/31 プラトニズムの藝術的開花  

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆補講は2月7日を予定しています。

講師紹介

堀江 聡
元ピサ大学客員教授、東京大学講師、元新プラトン主義協会会長
1958年東京生れ。これまで東大、京大、上智大、ICU、東京女子大、法政大に出講。西洋古代・中世・イスラームの新プラトン主義専攻。著書に『新プラトン主義を学ぶ人のために』(世界思想社、共編著)、「イスラーム哲学とキリスト教中世」(『第3巻 神秘哲学』岩波書店、共著)などがある。
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店