ジャンル くらしと健康

中野校

食事学概論

  • 秋講座
  • 夜間

土井 善晴(料理研究家)

曜日 木曜日
時間 19:00~21:00
日程 全3回 ・11月21日 ~ 12月05日
(日程詳細)
11/21, 11/28, 12/05
コード 330604
定員 50名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 11,880
ビジター価格 受講料 ¥ 13,662

目標

・食事とは何か
・民族の食事 和食と西洋を比較して
・食事と幸福

講義概要

動物が生きるために食べるということ、人間が生きていくために料理するということには、多くの意味がある。あまりに日常的なことであって、科学者・研究者であっても、その行為の意味を深く考えることはなかった。
授業の日、その時点で私が考えていることを話したいと思います。各授業の中に質疑の時間をもうけて、対話を試み、思考を深めたい。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 11/21    
2 11/28    
3 12/05    

テキスト

参考図書
『一汁一菜でよいという提案』(グラフィック社)(ISBN:978-4766129540)

講師紹介

土井 善晴
料理研究家
1957年、大阪に生まれる。スイス、フランスでフランス料理を、大阪の「味吉兆」で日本料理を修業。92年「おいしいもの研究所」を設立。テレビや雑誌で料理を指導する他、レストラン等のプロデュース、早稲田大学文化構想学部非常勤講師など、活動は多数。著書は『祝いの料理』(テレビ朝日)、『土井善晴のレシピ100』(学研パブリッシング)他多数。

  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店