ジャンル 文学の心

早稲田校

平安時代の歴史物語を読む 『栄花物語』

  • 秋講座
  • 資料配付

福家 俊幸(早稲田大学教授)

曜日 水曜日
時間 14:45~16:15
日程 全10回 ・10月02日 ~ 12月04日
(日程詳細)
10/02, 10/09, 10/16, 10/23, 10/30, 11/06, 11/13, 11/20, 11/27, 12/04
コード 130115
定員 30名
単位数 2
会員価格 受講料 ¥ 29,700
ビジター価格 受講料 ¥ 34,155

目標

・源氏物語など平安文学の舞台となった後宮の歴史を学ぶ。
・歴史物語の面白さを味わう。

講義概要

『栄花物語』は藤原道長の栄華を中心に描いた仮名の歴史物語として知られていますが、あわせて天皇の后やその後宮の女房達についても多く言及しています。『源氏物語』や平安時代の仮名日記を考えるうえでも『栄花物語』の読解は必須です。『源氏物語』や『大鏡』などと比べて、必ずしも多くの読者を獲得してきたとはいえない、この歴史物語の傑作を丁寧にわかりやすく読み進めていきます。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 10/02 浦々の別① 伊周配流
2 10/09 浦々の別② 伊周木幡へ
3 10/16 浦々の別③ 伊周入京
4 10/23 浦々の別④ 母の死
5 10/30 浦々の別⑤ 定子の出産
6 11/06 かかやく藤壺① 彰子入内
7 11/13 かかやく藤壺② 定子と彰子
8 11/20 とりべ野① 定子の死
9 11/27 とりべ野② 葬送
10 12/04 とりべ野③ 詮子の死

テキスト・参考図書

参考図書
『新編日本古典文学全集(31)栄花物語(1)』(小学館)(ISBN:978-4096580318)※現在入手困難なようですので、該当部分のコピーを配付します。

講師紹介

福家 俊幸
早稲田大学教授
早稲田大学大学院文学研究科修士課程・博士課程単位取得退学。博士(文学)。専門分野は平安時代日記文学、平安時代物語文学。主な著書に、『紫式部日記の表現世界と方法』(武蔵野書院、2006年)、『更級日記全注釈』(角川学芸出版、2015年)などがある。
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店