ジャンル 文学の心

早稲田校

『土佐日記』を読む

  • 秋講座
  • 資料配付

田畑 千恵子(エクステンションセンター講師)

曜日 火曜日
時間 10:40~12:10
日程 全10回 ・10月01日 ~ 12月10日
(日程詳細)
10/01, 10/08, 10/15, 10/29, 11/05, 11/12, 11/19, 11/26, 12/03, 12/10
コード 130111
定員 30名
単位数 2
会員価格 受講料 ¥ 29,700
ビジター価格 受講料 ¥ 34,155

目標

・作品の内容を鑑賞するのにとどまらず、和歌や散文の表現の中に織り込まれた「言葉遊び」の要素や、歌人である作者の表現へのこだわりに注目する。
・作者の実体験そのものではない、文学作品としての虚構の要素にも目を向ける。
・その後に成立した女流日記への影響についても理解を深める。

講義概要

「男もすなる日記といふものを女もしてみむとてするなり」という、作者を女性に仮託した有名な冒頭文ではじまる『土佐日記』は、『古今和歌集』の撰者でもある歌人紀貫之が、土佐の国司の任を終えて帰京する際の旅の日記で、仮名で書かれた最初の日記作品として知られています。五十五日にも及ぶ困難な船旅での様々な人間模様や、土佐で亡くなった幼い娘への哀惜の思いなどがつづられています。また、在原業平や阿倍仲麻呂などの著名な故事にも言及があります。今回の講座では、本文を丁寧に読解するとともに、『貫之集』所収の和歌なども紹介しながら全編を読み通します。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 10/01   ※以下の予定は、講義の進行状況によって、多少、変更することがあります。
○日記文学というジャンルについて解説。
○作品と作者について概説。
○冒頭部分。
2 10/08   ○送別の宴(後任の守との贈答歌)。
○出航。
○亡き娘への思い。
3 10/15   ○浦戸から大湊へ。
○一月一日から七日の記事(土佐在住の女性との贈答歌、「田舎歌仙」の和歌と幼い子の返歌)。
4 10/29   ○一月八日の記事(海に沈む月と、在原業平の古歌。「羽根」という地での幼い子の歌)。
5 11/05   ○一月十日から十七日の記事(漢詩を下敷きにした和歌)。
6 11/12   ○二十日の夜の月と、阿倍仲麻呂の故事。
○二十一日から二十八日の記事(海賊への恐れなど)。
7 11/19   ○二十九日から二月四日の記事(亡き娘への思いと「忘れ貝」の歌)。
8 11/26   ○二月五日から六日の記事(和泉国、住吉など)。
9 12/03   ○二月七日以降の記事(淀川を遡る。渚の院と在原業平・惟喬親王の故事)。
10 12/10   ○二月十日から帰宅まで。
(荒れ果てた我が家に生える「小松」と亡き娘への思い)。
○末尾の文。

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆2015年秋学期の同名講座と、ほぼ重なる内容です。
◆テキストは、『貫之集』も収録されているものとして下記のものを指定しました。『土佐日記』の全文が収録されている他の注釈書を既にお持ちの場合は、それでもかまいません。

テキスト・参考図書

テキスト
『新潮日本古典集成 土佐日記 貫之集』(ISBN:978-4106203800)

講師紹介

田畑 千恵子
エクステンションセンター講師
早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得。専門分野は平安時代の散文(『枕草子』・日記文学)。早稲田大学及び複数の大学で学部生の指導を担当してきた。主要論文「枕草子『かへる年の二月二十余日』の段の位相」(『日本文学研究資料新集 四』有精堂)、「枕草子日記的章段の方法」(『中古文学』36号)など。
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店