ジャンル 現代社会と科学

八丁堀校

キャッシュレス経済

  • 夏講座

川野 祐司(東洋大学教授)

曜日 土曜日
時間 13:00~18:00 ※途中休憩をはさみます。
日程 全2回 ・08月03日 ~ 08月10日
(日程詳細)
08/03, 08/10
コード 220713
定員 30名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 17,496
ビジター価格 受講料 ¥ 20,120

目標

・世界のキャッシュレス化の状況を理解する
・日本のキャッシュレス化の状況を理解する

講義概要

日本にもキャッシュレス時代が到来しています。キャッシュレスとはそもそも何を指すのか、キャッシュレス支払いの仕組みはどうなっているのか、日本ではどのような取り組みが進んでいるのか紹介します。
また、キャッシュレス時代と人生100年時代を迎える現在、私たちがお金とどのように付き合っていく必要があるのか、ライフプランとマネープランの考え方についても解説します。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 08/03 お金の役割、世界のキャッシュレス化 お金とは何か、キャッシュレスとは何かという基本的な事項から話を始めます。ヨーロッパではモバイルペイメント、アフリカやアジアでは電子マネーなどキャッシュレス化は地域によって異なる進化を遂げています。それぞれの特徴や社会に与える役割を見ていきましょう。

テキスト第8章,第1章,第2章,第3章
2 08/10 フィンテックと未来のキャッシュレス、ライフプランとマネープラン 仮想通貨などの新しい技術はすでに広く応用されています。キャッシュレス化が進んだ未来はどのような世界なのか、考えていきましょう。日本でキャッシュレス化を進めるためには、他のサービスとバンドルがキーワードになります。どのような方法があるのか、日本の現状などを見ていきましょう。最後に,キャッシュレス時代のライフプランとマネープランを解説します。

テキスト第4章,第5章,第6章,第7章

テキスト・参考図書

テキスト
『キャッシュレス経済』(文眞堂)(ISBN:978-4-8309-5001-8)

講師紹介

川野 祐司
東洋大学教授
1976年大分県生まれ。国際貿易投資研究所客員研究員,日本証券アナリスト協会検定会員(CMA),日本キャッシュレス化協会代表理事。専門分野は国際金融論,ヨーロッパ経済論,金融政策。主な著書は『キャッシュレス経済』文眞堂,『ヨーロッパ経済とユーロ』文眞堂。
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店