ジャンル 現代社会と科学

中野校

スポーツが作ったアメリカ 実験国家の社会形成と文化創造

  • 春講座

鈴木 透(慶應義塾大学教授)

曜日 土曜日
時間 15:00~16:30
日程 全6回 ・04月06日 ~ 05月25日
(日程詳細)
04/06, 04/13, 04/20, 05/11, 05/18, 05/25
コード 310716
定員 24名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 17,496
ビジター価格 受講料 ¥ 20,120

目標

・アメリカ発祥の競技に込められた意味を理解する。
・スポーツがアメリカの社会変革を先導できた経緯を理解する。
・民主主義と共同体の媒介としての米国スポーツの機能を理解する。
・今後の日本におけるスポーツと社会の関係を考える。

講義概要

人為的集団統合を宿命づけられた実験国家であるアメリカでは、日本人の想像以上にスポーツが大きな存在感を持っています。野球やアメリカンフットボール、バスケットボールなどアメリカ生まれの競技のルールや理念がどのようにアメリカ的価値観を反映しているのか、また、人種差別や性差別など現実の社会問題の解決に向けてスポーツはいかなる役割を果たしてきたのか、さらには、スポーツが地域社会のあり方にどのような影響を与えたのかを紹介し、スポーツの持つ社会形成と文化創造の可能性について考えます。ラグビーW杯やオリンピック・パラリンピックの自国開催という大きな節目を迎えるに当たって、今後の日本はスポーツを社会の中でどう位置づけていくべきなのか、アメリカの事例から未来の日本のためのヒントを探ります。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 04/06 スポーツからその国の特質を考える スポーツを地域研究の素材として活用することがどのような新たな可能性を秘めているのかについて触れ、スポーツがアメリカ研究の重要な糸口になり得ることをお話しします。
2 04/13 アメリカ独自の競技理念の誕生とその射程 アメリカ発祥の野球、アメリカンフットボール、バスケットボ−ルがどのような独特の競技理念を持ち、それはアメリカ社会が遭遇したいかなる歴史的経緯と深く関係していたのかを解説し、アメリカ型競技が、資本主義と民主主義の両立という、産業社会の再出発への夢を根底に宿しながら登場してきた存在であることをお話しします。
3 04/20 スポーツが先導したアメリカ社会の変革 アメリカ社会における人種差別と性差別の是正にスポーツがどのような重要な役割を果たしてきたのか、その経緯を紹介し、なぜアメリカではスポーツが社会変革の先導役となれたのかをお話しします。
4 05/11 文化的公共財としてのアメリカのスポーツ アメリカにおける町作りがスポーツと深く関わっている点を取り上げ、人為的集団統合のツールとしてスポーツを文化的公共財と考える発想が、アメリカにおける民主主義、共同体、競技の多様化の連関を強化してきた様子を紹介し、アメリカ型スポーツ文化の持つ潜在力についてお話しします。
5 05/18 スポーツビジネスの責務 スポーツビジネスの発展の背後には、アメリカにおいてアマチュアリズムとプロスポーツをめぐるどのような歴史的経緯が存在していたのかに触れ、アメリカのスポーツの持つ社会形成や文化創造の機能とスポーツビジネスはどう向き合っていくべきなのかをお話しします。
6 05/25 私たちはスポーツとどう向き合うべきか アメリカの事例や教訓を基に、未来の日本はスポーツを社会形成や文化創造にどう生かしていくべきなのか、ラグビーW杯やオリンピック・パラリンピックの開催という大きな歴史的節目を迎えるに当たって、私たちはここでスポーツに関してどのような発想の転換や新たな挑戦を始めるべきなのか、皆さんとともに考えたいと思います。

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆授業内容が理解しやすくなるよう、第二回目以降はテキストの該当箇所を事前に目を通しておくとよいでしょう。該当箇所は授業で指示します。
◆アメリカやスポーツに関心がある方はもちろん、それらから縁遠かった方にも十分理解できるよう配慮しますので、アメリカ史や競技のルールへの知識が乏しくても大丈夫です。
◆スポーツは好きだが今まであまり深く考えたことがなかったという方や、アメリカには関心があるがスポーツはよく知らないといった方が、もう一歩踏み込んだスポーツ理解、アメリカ理解に到達し、自分の周囲の世界を見つめ直すヒントをつかんでもらうことが、この講義のねらいです。

テキスト・参考図書

テキスト
『スポーツ国家アメリカ ー 民主主義と巨大ビジネスのはざまで』(中公新書)(ISBN:978-4121024794)
参考図書
『実験国家アメリカの履歴書 ー 社会・文化・歴史にみる統合と多元化の軌跡(第2版)』(慶應義塾大学出版会)(ISBN:978-4766423907)

講師紹介

鈴木 透
慶應義塾大学教授
専門は、アメリカ文化研究、現代アメリカ論。映画、スポーツ、食文化、空間デザインなどの切り口からアメリカ的創造力の特質を分析するとともに、史跡やモニュメントなど公共の場における記憶表現の変化から、非WASP多数派社会へと向かいつつある現代アメリカの動向を研究している。
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店