ジャンル 現代社会と科学

八丁堀校

デジタル革命と日本の戦略 AI、IoTが促すデジタルトランスフォーメーション

  • 春講座

関口 和一(株式会社日本経済新聞社 客員編集委員)

曜日 土曜日
時間 13:00~16:30 ※途中休憩をはさみます。
日程 全1回 ・04月20日 ~ 04月20日
(日程詳細)
04/20
コード 210717
定員 50名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 5,832
ビジター価格 受講料 ¥ 6,706

講義概要

人工知能(AI)やIoT、ビッグデータなどの最新のデジタル技術の広がりは、自動運転やロボティクス、ドローン、フィンテックなど様々な分野でビジネスや経済の仕組みを変えようとしています。「デジタルトランスフォーメーション」とも呼ばれるデジタル革命の流れは、日本の政府や企業に対しても、意識改革やマネジメントスタイルの変革、制度の見直しなどを迫っています。本講義では、世界のデジタル事情を最先端で取材している第一線の経済ジャーナリストが、海外の実例などを紹介しつつ、日本の経営者やリーダーたちに求められている新たなチャレンジや日本に必要な今後の戦略などについて解説します。デジタル技術や経済のことはよくわからないという方にも丁寧に説明いたします。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 04/20    

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆休講が発生した場合は、5月11日に補講を行います。

講師紹介

関口 和一
株式会社日本経済新聞社 客員編集委員
1982年一橋大学法学部卒、日本経済新聞社入社。88年フルブライト客員研究員として米ハーバード大学留学。英文日経記者を経て、90〜94年ワシントン支局特派員。96年より産業部編集委員、2000年から15年間、論説委員として情報通信分野などを担当、15年より編集委員、19年より現職。法政大学大学院客員教授、国際大学グローコムの客員教授、早稲田大学講師、明治大学講師も歴任。
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店