ジャンル 現代社会と科学

八丁堀校

人工知能と社会

  • 冬講座

室山 哲也(日本科学技術ジャーナリスト会議副会長、元NHK解説主幹)

曜日 土曜日
時間 13:00~18:00 ※途中休憩をはさみます。
日程 全1回 ・02月23日 ~ 02月23日
(日程詳細)
02/23
コード 240736
定員 50名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 8,748
ビジター価格 受講料 ¥ 10,060

講義概要

人間は脳を進化させ、様々な道具を作り、ついにはコンピュータやロボットを生み出すまでになった。これらの科学技術文明は、インターネット社会、無人工場、自動運転など、私たちの暮らしを豊かにし、便利なものにしてくれてはいるが、その一方で、人間の能力の減退や、新しい犯罪につながるなど、新しい課題ももたらしつつある。私たちは、急速に進化する科学技術文明と、どう共存していけばいいのだろうか?ヒューマノイドやアンドロイドなどの「ロボット」、人間の思考に近づきつつある「人工知能」、人体とコンピュータやロボットが融合する「サイボーグ技術」をテーマに、人間と科学技術文明の関係や、未来社会の在り方を探っていきたい。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 02/23    

講師紹介

室山 哲也
日本科学技術ジャーナリスト会議副会長、元NHK解説主幹
主な制作番組・NHKスペシャル「汚染地帯で何が起きているか〜チェルノブイリ事故から4年」1991モンテカルロ国際映像祭シルバーニンフ賞・NHKスペシャル「シリーズ阪神大震災 その死を無駄にしない」1996放送文化基金賞・NHKスペシャル「人体脳と心 秘められた復元力」1994上海国際映像祭撮影賞
  • オープンキャンパスのご案内 八丁堀校・中野校
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店