ジャンル ビジネス・資格

中野校

起業・兼業・副業にまつわる法律

  • 夏講座
  • オムニバス

佐藤 亮(早稲田リーガルコモンズ法律事務所 弁護士)
横倉 仁(早稲田リーガルコモンズ法律事務所 弁護士)
三枝 充(早稲田リーガルコモンズ法律事務所 弁護士)
村方 善幸(早稲田リーガルコモンズ法律事務所 弁護士)

曜日 土曜日
時間 13:00~16:15 (13:00〜14:30、14:45〜16:15)
日程 全4回 ・07月06日 ~ 07月13日
(日程詳細)
07/06, 07/06, 07/13, 07/13
コード 320803
定員 24名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 15,552
ビジター価格 受講料 ¥ 17,884

目標

会社・団体に勤める社会人、及び独立開業を考えている方を対象に、独立開業する場合、副業や兼業を行う場合にチェックすべき法律上の問題点や、持っておくべき最低限の法的知識を習得することを目標とします。

講義概要

独立開業、副業、兼業を考えるとき、法律上の規制は無視できないポイントです。本講座では、「契約」、「税務」、「労務」という各フェーズに区切り、それぞれ必要となる法的知識について、場面を想定しながら取り上げます。また、想定しておくべき最大のリスクである取引先や自らの「倒産」について、倒産した場合の法的な効果や仕組み等を概観し、予め最悪のリスクを想定して、開業等を戦略的に検討できるよう講義します。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 07/06 起業時に用意しておきたい契約書雛形と各契約の活用方法 起業時はどうしても営業に意識が集中し、事務的な契約業務はおろそかになりがちです。ここでは、実は重要な契約書の機能や実際の雛形について解説します。
2 07/06 起業時に考慮しておくべき会社の税金 会社を設立すると法人税、消費税、源泉所得税などの様々な税目の課税がなされます。起業時の課税関係、各種届出の要否、定款との関係などについて会社法の規定も視野に入れながら平易に解説します。
3 07/13 起業者が知っておくべき労働法 起業において人を雇用する場合の注意点、「雇用」と「業務委託」の違い、「副業・兼業」として自ら起業する場合、または、「副業・兼業」の人を雇用する場合の法的問題や留意点などを幅広く解説します。
4 07/13 倒産時の対応 取引先が倒産した場合の倒産手続きとはどういったものか、そこでやっておくべき債権管理方法はどのようなものがあるか、また、自社が倒産したときのデメリットにはどのようなものがあるか、など倒産にまつわる基本的な内容を解説します。

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆この講座は1日2コマ、全2日で行われます。

講師紹介

佐藤 亮
早稲田リーガルコモンズ法律事務所 弁護士
1981年山形県生まれ。早稲田大学商学部卒業後、立命館大学法科大学院修了。弁護士。企業法務を専門とする法律事務所で、渉外法務、コンプライアンス関連法務、知的財産法務等を広く手掛けた後、2015年1月に現事務所パートナー就任。
横倉 仁
早稲田リーガルコモンズ法律事務所 弁護士
弁護士、公認会計士(中小企業庁認定経営革新等支援機関)。1969年東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、大手監査法人にて監査業務、株式公開支援業務などに従事し、その後、早稲田大学大学院法務研究科、司法研修所を経て法律事務所にて企業法務、再生支援業務などに従事。法律、会計、租税の各分野に跨る総合的な解決案の提供を心がけている。
三枝 充
早稲田リーガルコモンズ法律事務所 弁護士
神戸大学法学部卒業、早稲田大学法科大学院修了。大学卒業後、民間(IT企業)及び公務員を経て弁護士登録。労働事件、企業法務(M&A、会社設立・事業計画支援など)、IT関連業務を始めとし、幅広く業務を担当。複数の会社の取締役も務め、リーガルの観点とビジネスの観点双方からのアドバイスを得意とする。
村方 善幸
早稲田リーガルコモンズ法律事務所 弁護士
1978年佐賀県生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業後、銀行勤務。銀行退職後、早稲田大学法務研究科に入学し、卒業後、弁護士資格取得。銀行勤務経験を生かし、中小企業法務から相続等の家事事件まで幅広い事件を受任し解決。豊富な事件経験を有する。
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店