ジャンル 人間の探求

中野校

ベルクソン哲学入門

  • 夏講座
  • 資料配付

原 章二(早稲田大学名誉教授)

曜日 木曜日
時間 10:30~12:00
日程 全6回 ・07月18日 ~ 08月29日
(日程詳細)
07/18, 07/25, 08/01, 08/08, 08/22, 08/29
コード 320503
定員 24名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 17,496
ビジター価格 受講料 ¥ 20,120

目標

・20世紀前半最大の哲学者であり、ノーベル文学賞受賞、夏目漱石、ハイデガーなどにも大きな影響を与えたベルクソンの生の哲学を、ベルクソン自身の手によるベルクソン哲学入門ともいうべき本を読んで学びます。
・受講生の皆さんがご自分で読み、不明点・疑問点があれば、それを洗い出すような講義にしたいと思います。

講義概要

ベルクソン著『思考と動き』所収の6編、すなわち「序論第一部」「序論第二部」「可能と現実」「変化の知覚」「形而上学入門」「ウィリアム・ジェームズのプラグマティスムについて」の6編を、各回1編ずつ前もって読んできていただいて、その感想・疑問・不明点をもとに、内容についての解説・説明を行い、ベルクソンの生の哲学がどのようなものであり、それは今どのように生かせるかについて講義します。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 07/18 序論第一部  
2 07/25 序論第二部  
3 08/01 ウィリアム・ジェームズのプラグマティスムについて  
4 08/08 可能と現実  
5 08/22 変化の知覚  
6 08/29 形而上学入門  

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆講義では必要箇所以外は読みませんので、事前にテキストを読んできていただくことが原則です(内容はごく普通の言葉で書かれていて特別な知識を必要としません)。講義中は、みなさんの疑問に答えるように、背景・内容の解説をし、ご質問に答えます。

テキスト

テキスト
『思考と動き』(平凡社)(ISBN:978-4582767841)

講師紹介

原 章二
早稲田大学名誉教授
パリ大学博士(哲学)。フランス近現代哲学・美学専攻。著書に『加藤一雄の墓』(筑摩書房)、『いのちの美学』(学陽書房)、『人は草である』(彩流社)他、訳書にベルクソン『精神のエネルギー』『思考と動き』(ともに平凡社ライブラリー)他、詩集に『不滅の女』『記憶の森でランデブー』(ともに七月堂)などがある。

  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店