ジャンル ビジネス・資格

中野校

新企画・問題解決・事業戦略に役立つ「思考展開法ワークショップ」 自問自答繰り返し思考法

  • 春講座
  • グループワーク

黒須 誠治(早稲田大学名誉教授)

曜日 土曜日
時間 13:00~16:15 ※途中に適宜休憩をはさみます。
日程 全2回 ・06月15日 ~ 06月22日
(日程詳細)
06/15, 06/22
コード 310804
定員 20名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 15,552
ビジター価格 受講料 ¥ 17,884

目標

本講座は、新しいアイデアを閃かす方法を学びます。そのために①課題を探索する方法を学びます(目的展開思考法)。②探索した課題を解決する方法を学びます(手段展開思考法)。③さらに、解決した課題の応用・用途を案出する方法を学びます(可能展開思考法)。

講義概要

新企画の立案や、問題の解決や改善、事業戦略を錬るには、アイデアを出すことが必要です。しかしアイデアはボーッとしていては出てきません。アイデアを閃かすには、それなりの方法があります。本講座は、閃かす方法をお話ししようというものです。
本講座では、受講者の方々にこの閃き方法を学んでいただき、実践していただいて、本方法を身につけていただこうと思います。
この方法を使って思考していくと、ご自分の仕事はもちろん、毎日の生活にもおおいに役立っていきます。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 06/15 ①「何のため?」と自問することから始めます。②「そのためには?」という質問を繰り返し問いかける思考法を実践します。 ①書類の保管や収納は何のためにするのでしょうか。器具や食器、筆記具などの道具は収納する必要はあるでしょうか。では、ゴミは?◆ゴミも収納しておくことがありますね。では、「いったい何のためにゴミを収納するの?」と自問してみましょう。①では「何のため?」と自問することから始めます。
②新しいアイデアを出すには、「そのためにはどうすればいいの?」と問いかけます。これは普段、無意識的に行っている思考です。この問いかけを意識的に行ってみましょう。②では、「そのためには?」という質問を繰り返し問いかける思考法を実践します。
2 06/22 ③用途開発方法のお話しと実践です。④理論編です。③まででお話しした方法でなぜアイデアが出るのか、その理論的根拠をお話しいたします。 ③さらに、アイデアを閃めかしましょう。たとえば、不要になったペットボトルやショッピングバッグの使い道をどのように考えていくか。その考え方は、「それができるとつぎに何ができるの?」を問いかけていくことです。③では、用途開発方法のお話しと実践です。
④は理論編です。③までお話しした方法でなぜアイデアが出るのか、その理論的根拠をお話しいたします。システム論や、イノベ-ション論、マーケテイングのニーズやシーズの考え方、創造工学などから、ご説明します。

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆とくに予備知識や特別な経験は必要としませんので、現在のままで聴講し始めてください。
◆予習は不要ですが、学習したことの実践はできるだけ早く、かつたくさん実行してみてください。机上で行う必要はありません。生活の中で実践していただければ結構です。

テキスト・参考図書

参考図書
『偉大な発明に学ぶアイデアのつくり方 ― 思考展開ワークショップ』(日経BP社)(ISBN:978-4822251536)

講師紹介

黒須 誠治
早稲田大学名誉教授
1946年生まれ。早稲田大学理工学部工業経営学科卒業後、同大学理工学研究科博士課程修了。工学博士。専門分野は、技術経営学、イノベーション創出思考法、生産管理学、ロジスティクスなど。著書に『システム思考とシステム技術』、『偉大な発明に学ぶアイデアのつくり方』、『受注残管理論序説』などがある。
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店