ジャンル 世界を知る

中野校

資料でみる三国志 桃園結義

  • 春講座
  • 資料配付

渡邉 義浩(早稲田大学教授)
仙石 知子(早稲田大学講師)

曜日 土曜日
時間 13:00~14:30
日程 全6回 ・05月11日 ~ 06月15日
(日程詳細)
05/11, 05/18, 05/25, 06/01, 06/08, 06/15
コード 310316
定員 24名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 17,496
ビジター価格 受講料 ¥ 20,120

目標

・中国の三世紀を舞台とする三国志の世界を、『三国志』と『三国志演義』という資料をよみながら理解します。
・三国志の魅力にふれ、楽しみながら理解することをめざします。

講義概要

いまから1800年前の中国は、三国時代でした。漢を打倒して時代の価値観を変えようとした曹操、漢の継承に命を賭けた劉備・諸葛亮。この二勢力に介在する孫権、その武将の周瑜が赤壁の戦いで曹操を破り、三国が鼎立したのです。陳壽が著した『三国志』という歴史書をベースとしながら、講談や演劇などさまざまな三国に関する物語を加え、羅貫中がまとめたとされているものが『三国志演義』です。講座では、映像を利用しながら、三国志の魅力に迫ります。今学期は、一番はじめの桃園の誓いから曹操の台頭までを扱います。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 05/11 二つの三国志 ―『三国志』と『三国志演義』それぞれの特徴をお話します。  
2 05/18 三兄弟 義を結ぶ ―『三国志演義』に描かれている桃園結義をお話します。  
3 05/25 黄巾の乱 ― 後漢を崩壊させた宗教反乱とその平定をお話します。  
4 06/01 虎牢関 ― 董卓の部下呂布と劉備・関羽・張飛が戦う名場面をお話します。  
5 06/08 群雄割拠 ― 黄巾の乱を機に立ち上がった群雄それぞれの特徴をお話します。  
6 06/15 美女連環の計 ― 貂蝉が董卓と呂布を仲違いさせる計略をお話します。  

テキスト・参考図書

参考図書
『三国志 ― 演義から正史、そして史実へ』(中公新書)(ISBN:978-4121020994)
『「三国志」の女性たち』(山川出版社)(ISBN:978-4634640511)

講師紹介

渡邉 義浩
早稲田大学教授
1962年生、文学博士。『全譯後漢書』により大隈記念学術褒賞受賞。専門は「古典中国」。『三国志 演義から正史、そして史実へ』(中公新書)、『魏志倭人伝の謎を解く 三国志から見る邪馬台国』(中公新書)、『「三国志」の政治と思想』(講談社選書メチエ)、『三国志英雄たちと文学』(人文書院)など。
仙石 知子
早稲田大学講師
1971年東京生まれ。博士(中国学)。専門は、中国明清小説。現在、早稲田大学教育学部で、「三国志演義」の授業を担当。著書に、『明清小説における女性像の研究』(汲古書院)、『「三国志」の女性たち』(山川出版社、渡邉義浩と共著)がある。
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店