ジャンル 人間の探求

早稲田校

3 現代と心の病

  • 春講座
  • 資料配付

加藤 諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャウアー研究所客員研究員)

曜日 金曜日
時間 10:40~12:10
日程 全10回 ・04月12日 ~ 06月28日
(日程詳細)
04/12, 04/19, 04/26, 05/10, 05/17, 05/24, 05/31, 06/07, 06/21, 06/28
コード 110521
定員 50名
単位数 2
会員価格 受講料 ¥ 29,160
ビジター価格 受講料 ¥ 33,534

講義概要

今の日本には様々な心の病がある。ストレスは現在の世界で極めて重要なテーマの一つであろう。ストレスは心を通して体までも蝕んでいく。そこからストレスと肉体の関係、性格とストレス、孤独と親しいコミュニケーション、絶望感と思いこみ等の問題を考える。そしてそれがもたらす最も恐ろしい結果である自殺まで考えて見たい。そしてストレスからくるノイローゼの問題。神経症者の要求の特徴、競争の特徴、愛情欲求の特徴などを考える。さらに薬物依存症やアルコール依存症やギャンブル依存症や買い物依存症等々などの依存症の問題もまた現代の心の病の重要な問題の一つである。依存症に苦しむ人々はそれに囚われていることは楽しくはない。それが自分に良くないことを知っている、馬鹿らしいから止めようと思う、でも止められない。それらの「こうしようと思ってもこうできない」強迫的性格は依存症ばかりではなく様々な現代の心の問題に共通する。最後にはそうした神経症者の問題を考える。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 04/12    
2 04/19    
3 04/26    
4 05/10    
5 05/17    
6 05/24    
7 05/31    
8 06/07    
9 06/21    
10 06/28    

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆本講座は以下どちらかの条件を満たした方が対象となります。
1.前年度までに「2 パーソナリティ論」を受講したことがある方
2.前年度までに「1 自分と向き合う心理学」を受講したことがある方

講師紹介

加藤 諦三
早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャウアー研究所客員研究員
東京大学教養学部教養学科卒業。日本精神衛生学会顧問。ディズニーチャンネル番組審査委員会議長。ラジオ・テレフォン人生相談パーソナリティー。
著書に『HAPPINESS AND THE MEANING OF LIFE』『心の休ませ方』『自信と劣等感の心理学』、訳書に『自己創造の原則』他多数。
  • オープンキャンパスのご案内 八丁堀校・中野校
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店