ジャンル 人間の探求

早稲田校

日本の哲学 西田哲学と道元思想

  • 春講座
  • 資料配付

小坂 国継(日本大学名誉教授)

曜日 月曜日
時間 13:00~14:30
日程 全10回 ・04月08日 ~ 06月24日
(日程詳細)
04/08, 04/15, 04/22, 05/13, 05/20, 05/27, 06/03, 06/10, 06/17, 06/24
コード 110507
定員 30名
単位数 2
会員価格 受講料 ¥ 29,160
ビジター価格 受講料 ¥ 33,534

目標

・日本人の思考様式の特性を把握する。
・西田哲学と道元思想の類似性を認識する。
・道元の『正法眼蔵』における哲学思想の核心をつかむ。

講義概要

道元の思想は哲学、宗教、文学等多方面から検討することができると思いますが、この講座では道元の『正法眼蔵』のなかの特に哲学的な巻を選んで、原文を熟読しながら、その思想内容を西田哲学と比較・対照し、そこから日本の哲学の根本性格を明らかにしていきたいと考えています。「春期」にとりあげるのは「現成公案」の巻です。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 04/08 日本の哲学の特性  
2 04/15 西田哲学と道元思想(1)  
3 04/22 西田哲学と道元思想(2)  
4 05/13 道元「現成公案」の思想(1)  
5 05/20 道元「現成公案」の思想(2)  
6 05/27 道元「現成公案」の思想(3)  
7 06/03 道元「現成公案」の思想(4)  
8 06/10 道元「現成公案」の思想(5)  
9 06/17 道元「現成公案」の思想(6)  
10 06/24 まとめ  

テキスト・参考図書

テキスト
『正法眼蔵(一)』(岩波文庫)(ISBN:978-4003331903)

講師紹介

小坂 国継
日本大学名誉教授
早稲田大学大学院文学研究科博士課程満期退学。文学博士。専攻分野は、宗教哲学・近代日本思想・比較思想。著書に、『西田幾多郎の思想』『西洋の哲学・東洋の思想』(講談社)、『西田幾多郎』『東洋的な生きかた』『鏡のなかのギリシア哲学』(ミネルヴァ書房)、『西田哲学の基層』『明治哲学の研究』(岩波書店)など。
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店