ジャンル 文学の心

早稲田校

『源氏物語』「真木柱」巻を読む

  • 春講座
  • 資料配付

栗山 元子(早稲田大学講師)

曜日 火曜日
時間 13:00~14:30
日程 全10回 ・04月09日 ~ 06月18日
(日程詳細)
04/09, 04/16, 04/23, 05/07, 05/14, 05/21, 05/28, 06/04, 06/11, 06/18
コード 110106
定員 60名
単位数 2
会員価格 受講料 ¥ 29,160
ビジター価格 受講料 ¥ 33,534

目標

・『源氏物語』の原文を丁寧に読むことで、言葉の持つ豊かな表現性を味わう。
・平安時代の習俗や歴史などを知り、物語世界への理解を深める。

講義概要

前年までの陣野先生のご講義に引き続き、「真木柱」巻第七段から読んでまいります。光源氏の養女である玉鬘を我が物にした鬚黒大将でしたが、その強引なやり方故に周囲に波紋を投げかけます。特に鬚黒とその北の方との間に生じた不和や家庭騒動の顛末などはこの「真木柱」巻後半の読みどころとなっています。途中よりの方にもわかりやすくお伝えするよう心がけますのでぜひご参加ください。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 04/09 「真木柱」巻第八段 鬚黒大将北の方の錯乱の様子。
2 04/16 「真木柱」巻第九・十段 北の方を厭う鬚黒の心情と北の方の悲哀。
3 04/23 「真木柱」巻第十一・十二段 鬚黒北の方を実家である式部卿宮が引き取ろうとする。
4 05/07 「真木柱」巻第十三・十四段 鬚黒北の方は実家に引き取られ、北の方の母は源氏をののしる。
5 05/14 「真木柱」巻第十五段・十六段 鬚黒、息子達を引き取る。玉鬘の宮中参内。
6 05/21 「真木柱」巻第十七段・十八段 参内した玉鬘、男踏歌を見物する。
7 05/28 「真木柱」巻第十九段 兵部卿宮や冷泉帝が玉鬘に未練を示す。
8 06/04 「真木柱」巻第二十段 玉鬘、冷泉帝と歌を詠み交わす。
9 06/11 「真木柱」巻第二十一段・二十二段前半 鬚黒、玉鬘を宮中より退出させ自邸に引き取る。
10 06/18 「真木柱」第二十二段後半・二十三段 光源氏と冷泉帝の玉鬘への未練。

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆筆記具をお持ちください。
◆あらかじめ「真木柱」巻第七段までの物語の内容を確認しておいていただけると理解が深められます。

テキスト・参考図書

テキスト
『古典セレクション 源氏物語(8)』(小学館)(ISBN:978-4093620888)

講師紹介

栗山 元子
早稲田大学講師
神戸市生まれ。早稲田大学・法政大学兼任講師。早稲田大学第一文学部卒業後、早稲田大学文学研究科博士後期課程満期退学。『源氏物語』を中心とした平安期の物語に関心を持つ。主要業績は中野幸一氏との共編『源氏釈・奥入・光源氏物語抄』(源氏物語古註釈叢刊第一巻 武蔵野書院)、「手習巻の表現方法−追い詰められる浮舟−」(『国文学研究』186集 早稲田大学国文学会)など。
  • オープンキャンパスのご案内 八丁堀校・中野校
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店