ジャンル 日本の歴史と文化

早稲田校

国宝の城をめぐる

  • 秋講座
  • 入門
  • 資料配付

小和田 泰経(静岡英和学院大学講師)

曜日 火曜日
時間 13:00~14:30
日程 全5回 ・11月06日 ~ 12月04日
(日程詳細)
11/06, 11/13, 11/20, 11/27, 12/04
コード 130246
定員 50名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 14,580
ビジター価格 受講料 ¥ 16,767

目標

・城が国宝に指定されるまでの歴史を知る。
・城を築いた戦国武将の生き様を知る。
・城に隠された防御の秘密を知る。

講義概要

戦国時代に5万ほどあったといわれる城のうち、現在、天守が国宝に指定されている城は、わずか5城しかありません。国宝の城は、建物が古いというだけでなく、戦国武将が仕掛けた防御の秘密が残っているという意味でも、貴重な遺産といえます。ただ、こうした防御の秘密は、観光で歩いただけではなかなか気がつきません。本講座では、国宝天守をもつ姫路城・松本城・松江城・彦根城・犬山城の5城を例に、城の歴史や築城した戦国武将の生き様を追いつつ、豊富な写真や地図などを用いて、隠された防衛の秘密を解き明かしていきます。その秘密を知れば、きっと城に対する見方が変わることでしょう。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 11/06 姫路城 大きい天守のほかに小さな天守が三つ
2 11/13 松本城 戦国時代の天守に風流な月見櫓を増築
3 11/20 松江城 重要文化財の天守が国宝に指定された理由
4 11/27 彦根城 小規模ながらも鉄壁の守備を誇る天守
5 12/04 犬山城 近年まで個人が所有していた珍しい城

講師紹介

小和田 泰経
静岡英和学院大学講師
1972年東京都生まれ。國學院大學大学院文学研究科博士課程後期退学。専門分野は日本中世史。現在、静岡英和学院大学講師。著書に『戦国合戦史事典』(新紀元社)、『天空の城をゆく』(平凡社)など多数。2017年NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』に資料提供として参加した。
  • オープンキャンパスのご案内 八丁堀校・中野校
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店