ジャンル 現代社会と科学

八丁堀校

2018年暮時事解説「政治経済ニュースを読み解く」 どうなる2019年の政治経済

  • 秋講座
  • 資料配付

大西 良雄(経済ジャーナリスト、元「週刊東洋経済」編集長)

曜日 土曜日
時間 10:30~12:00
日程 全4回 ・11月10日 ~ 12月01日
(日程詳細)
11/10, 11/17, 11/24, 12/01
コード 230702
定員 70名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 11,664
ビジター価格 受講料 ¥ 13,413

目標

・政治経済ニュースの背後にある様々なデータの読み方がわかる
・断片的、表面的な政治経済ニュースの背景と本質がわかる
・ニュースの背後を読み解き「そうだったのか」と納得できる

講義概要

日本の政治経済は時々刻々変化し、日本国内だけでなく世界の政治経済の影響を受けます。本講義が実施される2018年11月の日本と世界の政治経済状況はどう変化しているか、何が最も重要なテーマになっているか、予断を許しません。この講義では講義時点で最も重要だと思われるテーマを同時進行型で取り上げます。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 11/10 「アメリカ第一」トランプ大統領の今後  
2 11/17 消費税10%の政治経済学  
3 11/24 中小企業も大企業もM&Aの功罪  
4 12/01 2019年最長景気と株価の前途  

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆政治・経済・社会情勢等の変化によって、講座内容が変更になることがあります。
◆補講の場合は、12/8に行います。

講師紹介

大西 良雄
経済ジャーナリスト、元「週刊東洋経済」編集長
1945年生まれ。上智大学経済学部卒。東洋経済新報社入社後、『週刊東洋経済』編集長を経て出版局長、営業局長、編集局長を経験。現在は経済ジャーナリスト。著書に『よくわかるデフレ経済』(東洋経済)、『失敗しない株の銘柄選び』(こう書房)など。「QuonNet」で『ニュースの背後を読む』を連載中。
  • オープンキャンパスのご案内 八丁堀校・中野校
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店