ジャンル 芸術の世界

中野校

舞台朗読を学ぶ 話芸のいろいろ

  • 秋講座
  • 入門

斎藤 由織(話芸集団 ぶれさんぽうず、NHK文化センター講師)

曜日 木曜日
時間 13:00~14:30
日程 全4回 ・10月18日 ~ 11月29日
(日程詳細)
10/18, 11/01, 11/15, 11/29
コード 330406
定員 15名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 15,552
ビジター価格 受講料 ¥ 17,884

目標

・「朗読」を通して日本語の美しさ、豊かさを理解する。
・お客様に聞いて楽しんでいただけるような、本格的な朗読ができるようになる。
・話しことば(音声言語表現)の4態{話、語、讀、誦}の基本となる「ぶれす(呼吸)」と「ぽうず(間 ― 間拍子)」を知り、表現する方法を学ぶ。

講義概要

朗読がブームと言われて久しい昨今ですが、現在一般の皆さんが「朗読をする」場合にはどんなシチュエーションが考えられるでしょうか? 目の不自由な方のための録音図書製作やネット配信などもありますが、多くは対面…つまり一人だろうと数百人だろうと、聞いてくださる方が目の前に居る、というのがほとんどではないかと思います。朗読は本来“耳”に訴える芸能ですが、舞台朗読の場合は読み手の姿が見えます。その時にどうしたら聞き手にもっと楽しんでいただけるか…?
この講座では、「目で読むために書かれた文章を読む」のでなく、「声に出して読む」ことを前提に書かれた放送作家 西澤實先生の朗読・話芸作品集『へんな本』上巻を教材に作品を読みます。西澤先生はラジオドラマの黄金時代を支えた脚本家であり、一時代を画す多くの人気作をたくさん残されました。滑舌、発声、発音などの基本に沿って、日本の話芸の大本、落語や講談のスタイルも取り入れながら、舞台朗読の技術を楽しく学んでいただきます。初めての方も、朗読の楽しさを気軽に感じていただけたらと思います。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 10/18    
2 11/01    
3 11/15    
4 11/29    

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆筆記用具、録音機(任意)をご持参ください。

テキスト・参考図書

テキスト
『西澤 實 朗読・話芸脚本集「へんな本」(上巻)朗読・物語編』(新泉社)(ISBN:978-4787763174)※初回講義時に販売いたします。(税込2,500円)

講師紹介

斎藤 由織
話芸集団 ぶれさんぽうず、NHK文化センター講師
1957年長野県生まれ。日本大学芸術学部放送学科卒。アナウンスを故高橋博氏に、朗読を故西澤實氏に、講談を神田松鯉氏に師事。話芸集団「ぶれさんぽうず」のメンバーとして舞台朗読公演を行う。アナウンサー、ナレーター養成所での朗読指導、またカルチャースクールにてアマチュアの朗読愛好者を多数指導。
  • オープンキャンパスのご案内 八丁堀校・中野校
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店