ジャンル 芸術の世界

早稲田校

ステップアップ写真撮影術 デジタルカメラの使い方

  • 秋講座
  • グループワーク
  • 資料配付

塩澤 秀樹(写真家)

曜日 水曜日
時間 14:45~16:15
日程 全8回 ・10月24日 ~ 12月12日
(日程詳細)
10/24, 10/31, 11/07, 11/14, 11/21, 11/28, 12/05, 12/12
コード 130442
定員 30名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 23,328
ビジター価格 受講料 ¥ 26,827

目標

・思いどおりの写真が撮影できるよう、技術と表現力の向上を目指します
・なぜうまく撮れないのだろう?という疑問を解決します。撮影実習をして実感していただきます
・撮ること、視ること、批評し合うことでワンランク上を目指します
・受講生による写真展を開催し、喜びを味わいます

講義概要

写真表現の向上を目指すステップアップ講座です。本講座では、受講生による写真作品の講評、照明を使った撮影実習を行います。春の初心者クラスとの決定的な違いは、受講生によるギャラリーでの写真展開催があることです。11回開催しておりますが、毎年大好評です。なお、本講座ではコンピュータを使った写真画像の修正技術については触れません。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 10/24 講師、受講生の自己紹介 講師の写真作品などをプロジェクターで鑑賞します。また受講生の撮影したい対象、知りたいことなどについて質問させていただきます。
翌々週までに、受講生による作品を提出していただきます。
2 10/31 写真撮影の基礎知識 写真撮影の基礎知識についての講義をします。シャッタースピードと絞り、露出、ISO感度などについて学びます。
自身が所有しているカメラの基本的な使い方を学びます。
3 11/07 受講生の写真作品鑑賞 受講生による写真作品発表と鑑賞をします。講師による講評をさせていただきます。光の捉え方、シャッターチャンス、構図などについて学びます。
4 11/14 デジタルカメラの操作法 ピントの合わせ方、ISO感度の設定、撮影モードについて解説します。技術と表現力の向上を目指します。
5 11/21 照明機材を使った静物撮影 照明機材を使い、静物 (陶器を予定) を受講生自身が撮影します。光によってモノの見え方が変わります。三脚の使用法についても学びます。
6 11/28 照明機材を使った人物撮影 光の使い方についてさらに実践的に学びます。光によって人物の表情はどう変わるのか撮影実習します。
7 12/05 受講生による写真展、展示実習 受講生による写真展開催のための展示実習を行います。写真作品の並べ方、照明の当て方など、ワセダギャラリーにて実践的な講習をします。
8 12/12 受講生による写真作品の講評 写真展展示作品の講評を行います。

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆絞り、シャッタースピードなどについて、初めて触れる方には、春の初心者クラスがお薦めです。
◆デジタルカメラをご持参ください。
◆講義期間中1回、ご自身が撮影した写真を提出していただきます。
◆写真展用の額装代が別途かかります。

テキスト・参考図書

テキスト
『写真のことが全部わかる本』(株式会社 インプレス)(ISBN:978-4295003342)※春講座とは異なるテキストです。

講師紹介

塩澤 秀樹
写真家
1962年東京生まれ。早稲田大学文学部美術専攻。写真家。写真集『指揮者・西本智実』。中宮寺・国宝半跏思惟像<ほほえみの御仏>撮影。ROLEX(スイス本社)、(公社)経済同友会より人物撮影指名を受ける。ホームページ http://shiozawahideki.com
  • オープンキャンパスのご案内 八丁堀校・中野校
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店