ジャンル 人間の探求

中野校

無気力とやる気の心理学 実験が明らかにした無力感とモチベーションの正体

  • 夏講座
  • 夜間

大芦 治(千葉大学教授)

曜日 水曜日
時間 19:00~20:30
日程 全4回 ・08月08日 ~ 09月05日
(日程詳細)
08/08, 08/22, 08/29, 09/05
コード 320515
定員 24名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 11,664
ビジター価格 受講料 ¥ 13,413

目標

・人が無気力になる仕組みを、実験心理学の成果から考察する。
・無気力がストレスや健康と密接な関連を持っていることを紹介する。
・無気力の反対概念であるやる気(モチベーション)、意志の強さなどについて考察する。

講義概要

この講義では、心理学の立場から無気力ややる気(モチベーション)や意志力について考える。ふつう心理学というと臨床的なケースを取り上げ解説することが多いが、この講義ではそうしたスタイルはとらない。この講義では、まず、前半を通して、実験心理学の成果が積み重ねられてゆくなかで、無気力の心理学的な理論がどのように作られてきたかをみてゆきたい。
さらに、後半では、対概念としてのモチベーションや無気力にならない意志の強さなどについても考察してゆきたいと思う。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 08/08 実験が明らかにした無気力の正体 ― 学習性無力感とは  
2 08/22 学習性無力感とうつ病、ストレス、病気  
3 08/29 無力感とやる気の心理学  
4 09/05 コントロールとモチベーション、意志力  

講師紹介

大芦 治
千葉大学教授
東京都生まれ。1989年、早稲田大学第一文学部心理学専修卒業。1996年、上智大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、千葉大学教育学部教授。博士(心理学)。主な著書に『無気力なのにはワケがある:心理学が導く克服のヒント』(単著、NHK出版、2013年)、『心理学史』(単著、ナカニシヤ出版、2016年)などがある。
  • オープンキャンパスのご案内 八丁堀校・中野校
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店