ジャンル 人間の探求

中野校

ハイデガー哲学入門――『形而上学とは何か』の読解 死と無と不安

  • 夏講座
  • 資料配付

谷崎 秋彦(早稲田大学講師)

曜日 月曜日
時間 13:00~14:30
日程 全3回 ・07月09日 ~ 07月30日
(日程詳細)
07/09, 07/23, 07/30
コード 320502
定員 24名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 8,748
ビジター価格 受講料 ¥ 10,060

目標

・ハイデガーの思想を概観します。
・ハイデガーの思想の独自性を、「死」「無」「不安」というハイデガー用語を取り上げて考えます。
・ハイデガーの短いテクストを参照します(『形而上学とは何か?』)。

講義概要

ハイデガーの主著とされる『存在と時間』の直後に書かれた短い著作に「形而上学とは何か?」というものがあります。この中では「死、無、不安、超越」などが主題として論じられています。これらの問題をたどることによって、ハイデガーの哲学が何を求めていたのか、どのように構築されているか、このようなことを追っていきます。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 07/09 「存在と無」について  
2 07/23 不安とはどのような出来事なのか  
3 07/30 ハイデガーの哲学における「死」とは  

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆予備知識は必要ありませんので、どなたでもご受講できます。資料はこちらで用意します。
◆広く哲学全般、ハイデガーの哲学、現代思想、現代社会、こうしたことに興味をもつ方々に聴いていただきたいと思います。
◆2017年度夏学期講座(早稲田校)と重複する内容です。

講師紹介

谷崎 秋彦
早稲田大学講師
1956年神奈川県生まれ。早稲田大学大学院(哲学)博士後期課程単位取得満期退学。早稲田大学哲学科助手を経て早稲田大学非常勤講師。中央大学、電気通信大学、国士舘大学兼任講師。専門はハイデガー。
  • オープンキャンパスのご案内 八丁堀校・中野校
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店