講座検索トップページ >> 検索結果 >> 講座詳細

ジャンル 日本の歴史と文化

中野校

江戸幕府の政治とその特長

  • 春講座
  • 資料配付

荒木 裕行(東京大学史料編纂所助教)

曜日 水曜日
時間 10:30~12:00
日程 全5回 ・04月18日 ~ 06月20日
(日程詳細)
04/18, 05/09, 05/23, 06/06, 06/20

目標

飢饉や御家騒動などの事件を通じて、江戸幕府がどのような国家であったのかを学ぶ。

講義概要

江戸幕府がどのような政治を行っていたのか、江戸幕府がどういった特長を持つ国家であったのかを、具体的な事例を取り上げて考えていきます。寛永・天明の大飢饉、御家騒動、大塩平八郎の乱といった、幕府や江戸時代の社会に大きな影響を与えた事件を取り扱います。隔週の開講です。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 04/18 大飢饉と幕府I ― 寛永飢饉  
2 05/09 御家騒動と幕府I ― 初期御家騒動  
3 05/23 御家騒動と幕府II ― 越後騒動以降の御家騒動  
4 06/06 大飢饉と幕府II ― 天明飢饉  
5 06/20 大塩平八郎の乱  

備考

★3/14に模擬講義を行います。詳細は「オープンキャンパスのご案内」のお知らせページをご覧ください。

講師紹介

荒木 裕行

東京大学史料編纂所助教

1979年東京都生まれ。東京大学人文社会系研究科日本文化研究専攻博士課程中退。専門分野は日本近世政治史。最近の論文は「阿部正弘政権の大名政策」(2016年)、「天保期水口藩の家中騒動」(2015年)。

  • 申し込みリストを見る
  • 会員先行申し込みリストを見る

コード 310210

定員 24名

単位数 1

会員価格
受講料  ¥ 14,580
ビジター価格
受講料  ¥ 16,767


表示金額には、消費税等が含まれています。

講座検索画面TOPへ