講座検索トップページ >> 検索結果 >> 講座詳細

ジャンル 文学の心

早稲田校

ユゴーとレ・ミゼラブルの世界

  • 春講座
  • 資料配付

西永 良成(東京外国語大学名誉教授)

曜日 月曜日
時間 13:00~14:30
日程 全10回 ・04月09日 ~ 06月18日
(日程詳細)
04/09, 04/16, 04/23, 05/07, 05/14, 05/21, 05/28, 06/04, 06/11, 06/18

目標

・児童書、映画、ミュージカルなどで名高いわりには、じっさいにはあまり読まれていないヴィクトール・ユゴーの長編小説『レ・ミゼラブル』の全体像を知ります。
・原作の名場面を選んで、映画、ミュージカル、小説を比較し、文学作品に固有の深い魅力にふれます。

講義概要

『レ・ミゼラブル』のような大作は、セルバンテスの『ドンキホーテ』と同じように、長く複雑な構成になっているので、なんの準備もなく読み始めても、たいてい途中で挫折します。そこで、あらかじめ小説の全体像を心得たうえで、いわば再読(リリーディング)の形で読んでいくことが肝要なのです。
この講座では、この小説が「歴史小説」でもあることから、①時代背景、②作者の人生を説明し、③作品の執筆過程、④構成と特徴、⑤物語の流れ、⑥ワーテルローの戦争など作品に挿入されているいくつかのエッセーの意味を解説します。そのうえで、主人公ジャン・ヴァルジャンが銀の食器を盗み、それを司教に許されるとか、クリスマスの日に森に水を汲みにやらされた哀れなコゼットのまえにジャン・ヴァルジャンが神のように姿をみせるといった名場面を、とりあえず第一巻と第二巻から選んで、映像作品と原作とを具体的に比較してみる予定です。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 04/09    
2 04/16    
3 04/23    
4 05/07    
5 05/14    
6 05/21    
7 05/28    
8 06/04    
9 06/11    
10 06/18    

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆講義は日本語でおこなうので、フランス語の知識は特に必要ありません。
◆参考図書としては、西永良成著『レ・ミゼラブルの世界』(岩波新書)を指定させていただきます。また、講義中で取り上げるテクストはヴィクトール・ユゴー『レ・ミゼラブル』(全五巻、ちくま文庫、西永良成訳)の抜粋ですが、現在入手困難な巻もあるので、すべてコピーを配布します。

テキスト・参考図書

参考図書
『「レ・ミゼラブル」の世界』(岩波新書)(ISBN:978-4004316558)
『レ・ミゼラブル 1』(ちくま文庫)(ISBN:978-4480429711)
『レ・ミゼラブル 2』(ちくま文庫)(ISBN:978-4480429728)
『レ・ミゼラブル 3』(ちくま文庫)(ISBN:978-4480429735)
『レ・ミゼラブル 4』(ちくま文庫)(ISBN:978-4480429742)
『レ・ミゼラブル 5』(ちくま文庫)(ISBN:978-4480429759)

講師紹介

西永 良成

東京外国語大学名誉教授

1944年富山県生まれ。東京大学仏文科卒業後、パリ大学修士・博士課程で学ぶ。東京外国語大学でフランス語、フランス文学を教授。著書に『激情と神秘-ルネ・シャール』(岩波書店)、『「レ・ミゼラブル」の世界』(岩波新書)他、訳書にユゴー『レ・ミゼラブル』(ちくま文庫)他多数。

  • 申し込みリストを見る
  • 会員先行申し込みリストを見る

コード 110145

定員 30名

単位数 2

会員価格
受講料  ¥ 29,160
ビジター価格
受講料  ¥ 33,534


表示金額には、消費税等が含まれています。

講座検索画面TOPへ