ジャンル 外国語(英語)

八丁堀校

英語で語る日本の社会と文化〔中級〜中上級〕 「寅さん」の日本・私達の日本

  • 春講座
  • 資料配付

Paul Watt(日本文化・宗教研究家、元早稲田大学教授)

曜日 木曜日
時間 13:00~14:30
日程 全10回 ・04月12日 ~ 06月21日
(日程詳細)
04/12, 04/19, 04/26, 05/10, 05/17, 05/24, 05/31, 06/07, 06/14, 06/21
コード 213025
定員 20名
単位数 2
会員価格 受講料 ¥ 29,160
ビジター価格 受講料 ¥ 33,534

目標

・記録的に長い映画シリーズ『男はつらいよ』をきっかけに、日本の社会、文化を英語で学び、過ぎ去りつつある「寅さんの日本」と「私達の日本」を比べながら、日本語と英語で日本を勉強し、英語力をアップする。
・講義概要(以下)に書かれたテーマに焦点をあわせて、日本の社会と文化について楽しく話す。

講義概要

1.序論:どうして寅さんが愛されるか
2.日本の家族:とらやの皆さん
3.町内の生活:帝釈天、近所付き合い、タコ社長、お巡りさん、他
4.社会構造I:寅さんの仲間、寅さんが惚れた女性
5.社会構造II:寅さんと「えらい」人たち
6.教育:寅さんの「教育」、満男の悩み、寅さんと「インテリ」
7.就職活動とサラリーマンの実況:満男の経験、エリート課長との出会い
8.生活の中の宗教:お寺、神社、祭り、法事、お墓参り
9.旅する寅さんと日本の風景
10. 寅さんはなにを求めていたか

各回の講義予定

日程 講座内容
1 04/12    
2 04/19    
3 04/26    
4 05/10    
5 05/17    
6 05/24    
7 05/31    
8 06/07    
9 06/14    
10 06/21    

備考

★3/15に模擬講義を行います。詳細は「オープンキャンパスのご案内」のお知らせページをご覧ください。

テキスト・参考図書

テキスト
『改訂版 英語で日本紹介ハンドブック』(アルク)(ISBN:978-4757424395)
参考図書
『「男はつらいよ」を旅する(新潮選書)』(新潮社)(ISBN:978-4106038082)
『「男のつらいよ」の幸福論/寅さんが僕らに教えてくれたこと』(日経BP社)(ISBN:978-4822251420)

講師紹介

Paul Watt
日本文化・宗教研究家、元早稲田大学教授
アメリカ・オハイオ州生まれ。1966年留学生として渡日、1969年国際基督教大学卒業。コロンビア大学で日本文化、文学と宗教史を学び、1982年博士号取得。専門は日本の宗教史。38年間日米の大学(早稲田大学含む)で教鞭をとる。著作は江戸時代の心学の開祖石田梅岩、大阪の高僧慈雲尊者についてなど多数。
  • オープンキャンパスのご案内 八丁堀校・中野校
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店