ジャンル 現代社会と科学

八丁堀校

近代スポーツの誕生 イギリス社会史の一断面

  • 春講座
  • 資料配付

石井 昌幸(早稲田大学教授)

曜日 金曜日
時間 13:00~14:30
日程 全10回 ・04月13日 ~ 06月22日
(日程詳細)
04/13, 04/20, 04/27, 05/11, 05/18, 05/25, 06/01, 06/08, 06/15, 06/22
コード 210707
定員 30名
単位数 2
会員価格 受講料 ¥ 29,160
ビジター価格 受講料 ¥ 33,534

目標

・近代スポーツがイギリスにおいて生まれた歴史的背景を理解する。
・イギリス社会の特質と、それが生み出したスポーツという文化の関係を理解する。

講義概要

サッカー、ラグビー、陸上競技など、現在私たちが「スポーツ」と呼んでいるものの多くが19世紀後半のイギリスで誕生した。本講義では、なぜそれがイギリスという場所で、なぜ19世紀後半という時代に生まれたのかを、17世紀以降のイギリス社会の変化と対応させながら考えていく。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 04/13 「近代スポーツ」とはなにか ― sportの本来の語義とその変遷  
2 04/20 Book of Sportsとピューリタン ① ― 中世以来の伝統的娯楽文化にピューリタニズムが与えた影響  
3 04/27 Book of Sportsとピューリタン ② ― ピューリタンの娯楽排斥と「コッツウォルド・オリンピック」  
4 05/11 商業革命と「プロト近代スポーツ」① ― 都市的な娯楽空間の誕生と「ジェントルマン」  
5 05/18 商業革命と「プロト近代スポーツ」② ― 「クラブ」(競馬・クリケット・ボクシング)の成立  
6 05/25 パブリック・スクールと「アスレティシズム」① ― 民衆娯楽の抑圧からアーノルド改革まで  
7 06/01 パブリック・スクールと「アスレティシズム」② ― アスレティシズムの背景と帝国主義までの道のり  
8 06/08 近代スポーツの誕生 ① ― Football AssociationからFootball Leagueまで  
9 06/15 近代スポーツの誕生 ② ― 帝国主義とスポーツの世界伝播  
10 06/22 現代社会におけるスポーツ ― 1990年代以降の展開の概観と全体のまとめ  

テキスト・参考図書

参考図書
『スポーツ(近代ヨーロッパの探求)』(ミネルヴァ書房)(ISBN:978-4623035090)
『21世紀スポーツ大事典』(大修館書店)(ISBN:978-4469062359)

講師紹介

石井 昌幸
早稲田大学教授
1963年生まれ。京都大学人間環境学研究科修了。専門分野はスポーツ史、国際スポーツ文化論。主な著書として、『スポーツの世界史』、一色出版(2018年)所収など。
  • オープンキャンパスのご案内 八丁堀校・中野校
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店