ジャンル 世界を知る

八丁堀校

ハワイの歴史と文化 知られざる『楽園』の悲劇と誇り

  • 春講座
  • 資料配付

矢口 祐人(東京大学大学院教授)

曜日 水曜日
時間 10:30~12:00
日程 全8回 ・04月25日 ~ 06月27日
(日程詳細)
04/25, 05/09, 05/16, 05/23, 06/06, 06/13, 06/20, 06/27
コード 210304
定員 30名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 23,328
ビジター価格 受講料 ¥ 26,827

目標

・ハワイ社会をさまざまな側面から考えることで、その理解を深めます。
・異文化について考える楽しさ、難しさ、悦びを体験して頂きたいと願っています。

講義概要

ハワイは日本人にもっとも人気のある外国です。しかしその歴史と文化は意外に知られていません。先住民や移民の歴史、真珠湾攻撃、現代の観光文化など、ハワイを知るための鍵となるテーマを取り上げ、さまざまな資料をもとに考えていきます。講義のみならず、ディスカッションも取り入れ、講師との対話を通してハワイの理解を深めます。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 04/25 イントロダクション ハワイと言えば何を思い浮かべますか。そのイメージはどこから来ているのでしょう。今日の日本におけるハワイイメージに焦点をあて、「楽園」像の創造について考えます。
2 05/09 ハワイ先住民の歴史と文化 ハワイ諸島の先住民である「ネイティブハワイアン」と呼ばれる人びとの社会に焦点をあてます。ネイティブハワイアンは過去の存在ではありません。今でもネイティブハワイアンとして強い誇りを抱いている人びとが多くいます。その文化とかれらが直面するさまざまな問題について考えます。
3 05/16 フラの歴史と文化 ネイティブハワイアンの重要な伝統文化であるフラに焦点をあてます。日本では「フラダンス」と知られますが、果たしてフラにはどのような意味があるのでしょう。フラのさまざまなスタイルに焦点をあて、ハワイ史におけるフラの意義を考えます。
4 05/23 ハワイと移民〜その1 ハワイ州はアメリカ合衆国で唯一アジア系アメリカ人が多数を占めるところです。ハワイの知事は日系アメリカ人で、州選出の連邦上院議員にも日系の女性がいます。どうしてこのようなことが見られるのでしょう。ハワイへの移民の歴史を考えることで、今日のハワイ社会の理解を深めます。
5 06/06 ハワイと移民〜その2 前回に引続き、ハワイへの移民について考えます。日本からの移民に加え、ハワイには世界各地からさまざまな人びとがやってきました。かれらがもたらしたものは、今日のハワイ社会にどのような影響をもたらしているのでしょう。
6 06/13 戦争と基地 「楽園」のイメージの強いハワイは日本との戦闘の部隊でもありました。日本が攻撃した真珠湾は今日まで全米随一の規模の軍事基地です。ハワイにはなぜ基地があるのでしょう。それはハワイ社会にどのような影響を及ぼしているのでしょう。
7 06/20 観光地ハワイ 世界に知られる観光地ハワイは昔から観光地であったわけではありません。ここ100年ほどのあいだにハワイは観光地として創られたのです。その功罪について考えることで、観光の当事者である我々の意識を高めましょう。
8 06/27 まとめ 最終回のまとめをします。参加者の方々からの質問やご意見にも積極的に応えます。

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆ハワイ未体験者もハワイ通も歓迎します。
◆講師都合により5月30日が休講、6月27日が補講になっております。ご注意ください。

備考

★3/15に模擬講義を行います。詳細は「オープンキャンパスのご案内」のお知らせページをご覧ください。

テキスト・参考図書

参考図書
『ハワイの歴史と文化』(中公新書)(ISBN:978-4121016447)
『憧れのハワイ』(中央公論新社)(ISBN:978-4120041921)

講師紹介

矢口 祐人
東京大学大学院教授
College of William and Maryアメリカ研究科修了(Ph.D.)。東京大学大学院総合文化研究科教授。アメリカの文化と社会を太平洋島嶼地域や日本との比較で考察している。著書に『ハワイの歴史と文化』(中公新書)、『憧れのハワイ』(中央公論新社)等。フラに関するエッセイの執筆やハワイをテーマにしたNHKテレビ英会話講座なども担当。
  • オープンキャンパスのご案内 八丁堀校・中野校
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店