ジャンル 日本の歴史と文化

八丁堀校

古文書からみる戦国時代 武田信玄の書状を読む 川中島合戦編

  • 春講座
  • 資料配付

丸島 和洋(立教大学講師、国士舘大学講師)

曜日 水曜日
時間 13:00~14:30
日程 全10回 ・04月11日 ~ 06月27日
(日程詳細)
04/11, 04/18, 04/25, 05/16, 05/23, 05/30, 06/06, 06/13, 06/20, 06/27
コード 210203
定員 30名
単位数 2
会員価格 受講料 ¥ 29,160
ビジター価格 受講料 ¥ 33,534

目標

・戦国時代は、群雄が割拠し、徐々に統一政権が形成されていった時代です
・本講座では、主に戦国大名が出した古文書を読み進めます
・その中で、中世から近世への移行についてお話ししていきたいと思います

講義概要

講義ごとに、戦国時代の古文書写真2通を配付します。戦国時代の古文書はくずし字で書かれていますので、それを読み下し、現代語訳をしながら、その文書の出された背景について考えたいと思います。春講座では、冬講座に引き続き甲斐の戦国大名・武田信玄が出した書状や命令書を読み進め、その生涯を辿ります。信玄が出した文書には、朱印状が多数あることが特徴的です。今回は、おおむね越後の戦国大名上杉謙信(長尾景虎)との戦いが本格化した時期を対象とします。それぞれの文書の違いを比べつつ、戦国大名としての武田信玄の特徴についても考えます。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 04/11    
2 04/18    
3 04/25    
4 05/16    
5 05/23    
6 05/30    
7 06/06    
8 06/13    
9 06/20    
10 06/27    

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆2017年度冬講座を履修されていなくても、受講には問題ありません。
◆5/9は講師体調不良により休講となりました。補講は6/27に行います。

講師紹介

丸島 和洋
立教大学講師、国士舘大学講師
1977年生まれ。慶應義塾大学大学院後期博士課程単位取得退学。博士(史学)。専門は日本中世史。主著は、『戦国大名の「外交」』(講談社)、『郡内小山田氏』(戎光祥出版)、『真田四代と信繁』(平凡社)、『戦国大名武田氏の家臣団』(教育評論社)、『武田勝頼』(平凡社)など。
  • オープンキャンパスのご案内 八丁堀校・中野校
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店