ジャンル 芸術の世界

中野校

歌舞伎ものがたり ― 歌舞伎を知ろう・観よう ― 歌舞伎と日本人の関係性を探る

  • 春講座
  • 鑑賞
  • 資料配付

中村 義裕(演劇評論家、日本文化研究家、前進座附属俳優養成所講師)

曜日 金曜日
時間 15:00~16:30 ※6/15のみ歌舞伎鑑賞のため16:30〜21:00頃
日程 全10回 ・04月13日 ~ 06月29日
(日程詳細)
04/13, 04/20, 04/27, 05/11, 05/18, 05/25, 06/01, 06/08, 06/15, 06/29
コード 310402
定員 24名
単位数 2
会員価格 受講料 ¥ 35,705
ビジター価格 受講料 ¥ 40,079

講義概要

歌舞伎の歴史や演目、役者、隠されたエピソードを通して、「歌舞伎の魅力」をさらに奥深く知っていただくための講座です。今期は、テキスト『歌舞伎と日本人』を使用し、その中のトピックスを深く掘り下げながら、歌舞伎の見方、楽しみ方を深めていきます。
その後、皆さんと実際に歌舞伎を鑑賞し、作品の見どころを解説いたします。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 04/13 幕府はなぜ歌舞伎を「弾圧」したのか  
2 04/20 歌舞伎役者と浮世絵の関係  
3 04/27 明治の伝説の役者・澤村田之助、九代目市川團十郎  
4 05/11 第二次世界大戦と歌舞伎〜戦中・戦後の歌舞伎の状況〜  
5 05/18 「小芝居」とは何だったのか  
6 05/25 歌舞伎のニューウェーブと新作歌舞伎  
7 06/01 これからの歌舞伎はどこへ行くのか  
8 06/08 来週の演目解説・見どころ  
9 06/15 講師と一緒に歌舞伎を観に行こう!(歌舞伎座)  
10 06/29 講座のまとめ・総評  

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆6/15は講師と一緒に実際に歌舞伎を観劇する予定です。お申し込みの時点では、出演者・演目は未定です。上演時間は16:30〜21:00 頃です(終演時間は変更の可能性があります)。
◆観劇は現地集合・現地解散とし、交通費等の費用は別途実費ご負担となります。
◆受講料には、歌舞伎座の3階A席のチケット代が含まれます。チケットは講義の中でお渡しします(欠席者には郵送します)。
◆講義内容は毎期異なりますので、継続の方も改めてご受講いただけます。

備考

★3/14に模擬講義を行います。詳細は「オープンキャンパスのご案内」のお知らせページをご覧ください。
休講6/22→補講6/29

テキスト・参考図書

テキスト
『歌舞伎と日本人』(東京堂出版)(ISBN:978-4490209778)

講師紹介

中村 義裕
演劇評論家、日本文化研究家、前進座附属俳優養成所講師
早稲田大学第二文学部演劇専修卒業。主な著書に『九代目 松本幸四郎』(2014年、三月書房)、『日本の伝統文化しきたり事典』(2014年、柏書房)、『歌舞伎と日本人』(2018年、東京堂出版)など。ウェブサイト「演劇批評」。最近では日本の伝統文化に幅を広げ、新たな視点での執筆や講演多数。
  • オープンキャンパスのご案内 八丁堀校・中野校
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店