講座検索トップページ >> 検索結果 >> 講座詳細

ジャンル 文学の心

中野校

『源氏物語』を愉しく読む

 若紫巻から末摘花巻へ

  • 春講座
  • 資料配付

橋本 ゆかり(大妻女子大学講師)

曜日 水曜日
時間 10:30~12:00
日程 全10回 ・04月11日 ~ 06月20日
(日程詳細)
04/11, 04/18, 04/25, 05/09, 05/16, 05/23, 05/30, 06/06, 06/13, 06/20

目標

・世界でも読み親しまれてきた『源氏物語』を愉しく読み味わう。
・『源氏物語』の織り成す物語の特徴を知る。
・今日までどのように享受されてきたのか、その享受のありようもまた学ぶ。
・歌ことば、平安の儀礼、生活様式、恋のルール、舞などの日本文化、物語と歴史との交渉を知る。
・物語の読み方を獲得する。

講義概要

『源氏物語』を講読します。冬学期に続けて、若紫巻最後の方の場面から、次巻の末摘花巻を読みます。『源氏物語』の主人公光源氏の恋のストライクゾーンは広いのです。光源氏と藤壺との恋は緊張を増していきます。そのかたわらに、光源氏と新たな女君・末摘花との出会い、頭中将との睦ましいシーンなどが語られる、時に笑いありの楽しい巻です。研究の最先端をご紹介しながら、言葉の響きを大切に、繊細に言葉を解きほぐしてやわらかに愉しく物語を味わって参ります。明るい春からの季節、ご一緒に愉しんで参りましょう。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 04/11    
2 04/18    
3 04/25    
4 05/09    
5 05/16    
6 05/23    
7 05/30    
8 06/06    
9 06/13    
10 06/20    

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆指定テキスト以外でも、『源氏物語』若紫・末摘花巻の原文が掲載されている書籍をお持ちであれば、それをお使いくださって結構です。

備考

★3/14に模擬講義を行います。詳細は「オープンキャンパスのご案内」のお知らせページをご覧ください。

テキスト・参考図書

テキスト
『源氏物語2 第2巻 若紫・末摘花・紅葉賀・花宴』(小学館)(ISBN:978-4093620826)

講師紹介

橋本 ゆかり

大妻女子大学講師

名古屋大学大学院修了。博士(文学)。専門は平安文学。単著『源氏物語の〈記憶〉』(翰林書房)、共著『枕草子の創造と新生』(翰林書房)、共著『源氏物語 煌くことばの世界』(翰林書房)など。『源氏物語』の身体やしぐさ、舞などに注目した論や、かぐや姫引用についての論を重ね、繊細な読み解きをする。

  • 申し込みリストを見る
  • 会員先行申し込みリストを見る

コード 310106

定員 24名

単位数 2

会員価格
受講料  ¥ 29,160
ビジター価格
受講料  ¥ 33,534


表示金額には、消費税等が含まれています。

講座検索画面TOPへ