ジャンル ビジネス・資格

八丁堀校

もっと早く受けてみたかった「マーケティングの授業」

  • 春講座
  • オムニバス
  • 夜間
  • 入門
  • 資料配付

内田 学(共栄大学教授)
岩瀬 敦智(岩瀬流通経営事務所代表、中小企業診断士)
須磨 武司(株式会社バルーク・ビジネス・コンサルティング講師)
近藤 純二郎(株式会社電通アカウント・スーパーバイザー)
並木 将央(株式会社ロードフロンティア代表取締役、中小企業診断士)

曜日 木曜日
時間 19:00~20:30
日程 全8回 ・04月19日 ~ 06月14日
(日程詳細)
04/19, 04/26, 05/10, 05/17, 05/24, 05/31, 06/07, 06/14
コード 210806
定員 30名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 34,992
ビジター価格 受講料 ¥ 40,240

目標

・市場や顧客を知り、これからの販売戦略を立てるには、マーケティングの知識は欠かせない。当講座では、マーケティングを幅広く学び、広い視野からマーケティング戦略や販売戦略を立てられる力を身につけることを目標とする。
・また、各科目とも、より具体的な解説を行い、講義内容が実践で活かせるよう配慮されている。

講義概要

MBAプログラムで学ぶマーケティング専攻の主要科目のうち、「マーケティング戦略」「マーケティングリサーチ」「プロダクトマネジメント」「消費者行動」「流通」「広告とコミュニケーション」「ブランドマネジメント」「サービスマーケティング」8科目を12時間で学ぶ。当講座では、マーケティングの基本をあらゆる角度から幅広く学べるので、マーケティング初学者の方々、および、若手ビジネスパーソン、マーケティング関連の仕事に従事したい学生の方々にとって、マーケティングを知るよい機会となるだろう。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 04/19 マーケティング戦略 マーケティング戦略は、マーケティングという領域のみならず、企業全体の事業領域や成長の方向性の設定など、企業戦略全般にも深く関係しているものである。本講義では、マーケティング戦略に用いられる代表的手法を最新のトピックを交えながら紹介し、「マーケティング戦略とは、組織〈企業〉の短期的・長期的なゴールを最適化する道具である」ということを実例を含めて学んでいく。
2 04/26 マーケティングリサーチ 競争相手、市場、消費者などに関する情報を適切に分析しなければ、企業はもはや生き残っていくのは難しい状況にある。こうした環境下で益々重要性が高まっているのが、「マーケティングリサーチ」である。本講義では、現在行われているマーケティングリサーチの概要説明と、調査実施においては調査設計、実査、結果分析の段階に分けて講義を進め、マーケティングリサーチが実務の中でどう活用されていくのか実例を交えて学んでいく。
3 05/10 プロダクトマネジメント 本講義では、まず製品特性について説明し、マーケティングの4要素といわれる製品(Product)、価格(Price)、プロモーション(Promotion)、流通(Place)のマーケティング・ミックスについて実例を交えながら学んでいく。さらに、新商品企画と開発についても、そのプロセスやアイデアの生成法など各手法を紹介しながら講義を進めていく。
4 05/17 消費者行動 顧客志向が定着した現在、消費者の行動を理解・把握する必要性も高まっている。本講義では、消費者行動について「消費者理解」「関係性を強める」という観点から代表的な概念・理論を紹介し、企業での活用事例を交えながら学んでいく。
5 05/24 流通 流通とは、生産者と消費者をつなぐ仕組みであり、その間の諸活動である。商品の購買者にモノが届く仕組みが変われば、マーケティングの手法も変わってくる。本講義では、「商品が購買者へ届く仕組み」とマーケティングの関係性に着目し、技術改革や消費者の変化に応じて、企業のマーケティングがどのように変化してきたのかを実例を交えながら考察していく。
6 05/31 広告とコミュニケーション 現在、広告は至るところに氾濫し、個人をターゲットにしたダイレクトメールや電子メール広告など、ダイレクト・マーケティングも一般的に行われるようになった。また、イベントの協賛やシンポジウムの開催など、広告以外のコミュニケーション活動も盛んに行われている。本講義では、「企業が企業価値の最大化を念頭に、自社ブランドの宣伝・販売促進を最終目標とする際、広告とコミュニケーション活動を密接に関連づけ、包括的に理解すること」を目標に講義を行う。
7 06/07 ブランドマネジメント 製品やサービスが多様化し氾濫する中、商品価値を高め、顧客に選んでもらうためには、ブランディングは欠かせない。しかし、実際価値あるブランドと認知され他商品と差別化を図るためには、ブランディングのための緻密な戦略が必要となる。本講義では、ブランディングを成功させ、それを継続させ育てていくためには何が必要なのか、実例を挙げながら解説していく。
8 06/14 サービスマーケティング モノ・製品に付加価値を追求しようとする現在の企業活動の中で、サービスマーケティングで得られることは多い。本講義では、サービスの特質からサービスが産まれるまでのシステムを学び、モノ・製品に対するマーケティングとの違いを実例を交えながら考察していく。

テキスト・参考図書

参考図書
『もっと早く受けてみたかった「マーケティングの授業」』(PHP研究所)(ISBN:978-4569632841)

講師紹介

内田 学
共栄大学教授
1991年法政大学大学院社会科学研究科経済学専攻修士課程修了、1994年同博士課程単位取得。1997年ニューヨーク市立大学バルーク・カレッジ経営大学院(MBA)修了。帰国後、実践的ビジネス教育を行う株式会社BBCを設立し、代表取締役に就任。2011年4月より現職。著書に『ステップアップ式MBA経営戦略入門』(ダイヤモンド社)等がある。
岩瀬 敦智
岩瀬流通経営事務所代表、中小企業診断士
立教大学法学部卒業。法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科修了(MBA)。髙島屋を経て、経営コンサルタントとして独立。著書に『販売士検定2級図で見て覚える最短合格テキスト』(共著、同文舘出版)、『販売士検定2級重要過去問題傾向の分析と合格対策』(共著、秀和システム)など。
須磨 武司
株式会社バルーク・ビジネス・コンサルティング講師
立教大学社会学部卒業後、森永製菓株式会社入社。様々なチャネルの本部担当営業の後、販促企画部門を経てキャラメル、ラムネの商品開発を担当。その後、Pontaカードを運営するロイヤリティマーケティングにて、データを活用したコンサルティング業務に就く。2015年法政大学経営学研究科(MBA)修士課程修了。
近藤 純二郎
株式会社電通アカウント・スーパーバイザー
1971年東京生まれ。早稲田大学人間科学部スポーツ学科卒業後、株式会社電通入社。営業として企業のコミュニケーション活動全般を担当。勤務を続けながら、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程修了。スポーツビジネス専攻。
並木 将央
株式会社ロードフロンティア代表取締役、中小企業診断士
東京理科大学大学院工学研究科修士課程修了。日本テキサス・インスルメンツ株式会社研究員を経て、法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科(MBA)修了。中小企業診断士。コンサルティングを主とした株式会社ロードフロンティアを設立。著書『小学生の算数だけで社長の仕事がスッと分かる!』(フォレスト出版)等。
  • オープンキャンパスのご案内 八丁堀校・中野校
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店