ジャンル 現代社会と科学

八丁堀校

講座政策論争〜東京の政治、東京の政策を斬る! 都政70年の歴史から現在を紐解く

  • 春講座
  • 資料配付

佐々木 信夫(中央大学名誉教授)

曜日 月曜日
時間 15:00~16:30
日程 全6回 ・05月14日 ~ 06月18日
(日程詳細)
05/14, 05/21, 05/28, 06/04, 06/11, 06/18
コード 210709
定員 30名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 17,496
ビジター価格 受講料 ¥ 20,120

目標

・東京都政の高いレベルの理解
・東京の政治、選挙(知事選、都議選、衆院選)
・都政の政策スタンス(知事により、時代により変わる)

講義概要

良くも悪しくもこの1年余、日本政治に旋風を巻き起こしてきた人物がいます。その人物とは、都知事・小池百合子。本講座では、戦後都政70年を検証しながら、知事選、都議選、衆院選と続いた小池都政の動静を読み、現在の都政が抱えている諸問題について、地方自治の観点から紐解いて参ります。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 05/14 小池都政の1年半をみる〜都議選まで、衆院選後 この1年半の小池都政は何をしたか、しなかったかを検証する
2 05/21 戦後都政70年を検証する〜戦後都政の知事の特徴と都政 歴代都知事とその政策ポイントを検証し、特徴を抉り出す
3 05/28 都政の争点①「豊洲移転、築地問題」〜どうなる市場移転 築地市場移転の歴史、石原、小池都政下の豊洲問題を考察する
4 06/04 都政の争点②「都区制度改革」〜なぜ進まないか、何が問題か これまでの都区制度改革、20年放置されている残された課題
5 06/11 都政の争点③「”老いる東京”」〜ヒト、インフラが老いる大問題 東京は豊かとされるが本当か、進む劣化問題を考える
6 06/18 都政の争点④「都議会は変われるか」〜現状と改革すべき方向 都議選で争点になった都議会改革、何がホントにできるのか

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆政治・経済・社会情勢等の変化によって、講座内容が変更になることがあります。
◆以下2点、事前に行っていただけると、授業の理解度がさらに増していきます。
・拙著『都知事』(中公新書)をはじめ、都庁、都政に関する著作を読んでいただく
・自分なりに東京のあり方、都政のあり方を考えていただく

備考

★3/15に模擬講義を行います。詳細は「オープンキャンパスのご案内」のお知らせページをご覧ください。

テキスト・参考図書

テキスト
『都知事』(中央公論新社(新書))(ISBN:978-4-12-102090-1)
『老いる東京』(KADOKAWA(新書))(ISBN:978-4-04-082008-8)

講師紹介

佐々木 信夫
中央大学名誉教授
1948年生。早稲田大学大学院修了(政治学修士)。法学博士(慶應義塾大学)。東京都庁に16年間勤務後、89年聖学院大学教授、94年から中央大学教授。専攻は行政学、地方自治論。著書に『老いる東京』(角川新書)『東京の大問題』(マイナビ新書)、『都知事』(中公新書)など。第31次地方制度調査会委員など。
  • オープンキャンパスのご案内 八丁堀校・中野校
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店