ジャンル くらしと健康

早稲田校

向島で粋を学ぶ 和の作法や伝統文化を実際に体験しましょう

  • 春講座
  • 鑑賞
  • 資料配付

小林 綾子(料亭「きよし」女将)

曜日 木曜日
時間 10:40~16:15 ※各回開講時間が異なりますのでご注意ください。
日程 全2回 ・05月17日 ~ 05月24日
(日程詳細)
05/17, 05/24
コード 110603
定員 20名
単位数 1
会員価格 受講料 ¥ 30,079
ビジター価格 受講料 ¥ 31,828

目標

・日本伝統の衣食住、芸能が今も息づく花街向島。その向島にある料亭の座敷を教室として、実際に日舞、唄の体験をし、楽器にも触れた後に模範演技をみることで、日本文化の親しみやすさと奥深さを再発見していただくことを目標にします。

講義概要

【第1回 5月17日(木)13:00〜16:15】
まず、浅草から向島まで講師と一緒に歩きながら、向島の場所や雰囲気、歴史を学びます。その後料亭にて、和の空間の中で花街、向島に残るもてなしの特色等を解説します。季節の唄である「潮来出島」の解説後、実際に唄っていただきます。またその曲で舞扇を使っての踊りの体験も行います。
【第2回 5月24日(木)10:40〜13:40】
料亭にて、三味線、太鼓の稽古の体験をします。その後懐石料理をお召し上がりいただきながら、講師と向島現役芸者衆による模範演技をご覧いただきます。懐石料理には、日本の伝統がたくさん詰まっています。また、芸者衆の演技にも歴史と意味があります。普段あまり気にかけていないけれども、たくさんの魅力にあふれた和の作法と伝統文化を体験しましょう。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 05/17 向島の概略と花街文化 浅草から向島まで講師と一緒に歩きながら、向島 花街に今も残るおもてなし文化を解説後、季節の端唄である「潮来出島」を三味線の演奏で唄ってみます。また、日舞の体験もします。
2 05/24 楽器の体験と模範演技の鑑賞 三味線と太鼓に実際に触れて頂いて、その繊細さを味わってから、講師と向島現役の芸者衆による模範演技をご覧ください。
季節の会席料理もご用意いたします。

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆毎回集合場所・時間が異なります。詳細はお申し込み者に4月末頃にお送りします。
◆第1回講義は昼食は出ませんので事前に召し上がってからご参加ください。45分程度歩きますので歩きやすい格好でお越しください。途中15分の休憩をはさみます。
◆受講料には懐石料理費等を含みます。当日欠席された場合も、返金はできかねますのでご了承ください。

講師紹介

小林 綾子
料亭「きよし」女将
1968年墨田区向島生まれ。料亭きよし三代目女将。地元小学校卒業後、私立女子学院中高、慶應義塾大学文学部史学科民族学考古学専攻、1991年卒業。在学中は中近東の考古学を専攻しトルコ共和国の発掘にも参加。3歳の頃から藤間流の日舞を学び2003年師範取得。長唄常磐津なども学ぶ。花街と向島の魅力を広く知っていただくための講演活動も行っている。
  • オープンキャンパスのご案内 八丁堀校・中野校
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店