ジャンル 人間の探求

早稲田校

6 ストレスの時代

  • 春講座
  • 資料配付

加藤 諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャウアー研究所客員研究員)

曜日 金曜日
時間 14:45~16:15
日程 全10回 ・04月13日 ~ 06月22日
(日程詳細)
04/13, 04/20, 04/27, 05/11, 05/18, 05/25, 06/01, 06/08, 06/15, 06/22
コード 110524
定員 45名
単位数 2
会員価格 受講料 ¥ 29,160
ビジター価格 受講料 ¥ 33,534

目標

優れた現実認識「Superior perception of reality」を持てる様になることが目標。優れた現実認識の反対が抑圧である。いかに抑圧のない人間になれることを目標とする。同じ状況で感じる不安は人によって違う。不安に対応できる様な人間になることが目標。

講義概要

自分にふさわしい目的を持てるか持てないかが、その人の心理的健康の一つのバロメーターである。劣等感が深刻だったり、自分への失望感がひどいと、それとのバランスをとるために賞賛を激しく求める。心理的に病んだ人は非現実的に高い目標を持つ。心理的に健康な人は自分がなんとか出来る目的を持っている。自分の能力で対処可能な困難とはなにか。“Just manageable difficulty.”と言う言葉がある。心理学者のNicholas Hobbsが言いだした言葉である。それは自分の能力にあった困難である。

各回の講義予定

日程 講座内容
1 04/13    
2 04/20    
3 04/27    
4 05/11    
5 05/18    
6 05/25    
7 06/01    
8 06/08    
9 06/15    
10 06/22    

ご受講に際して(持物、注意事項)

◆本講座は、以下どちらかの条件を満たした方が対象となります。
1、前年度までに「5 人間であるにも拘わらず」を履修したことがある方
2、前年度までに「1 自分と向き合う心理学」を履修したことがある方

講師紹介

加藤 諦三
早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャウアー研究所客員研究員
東京大学教養学部教養学科卒業。日本精神衛生学会顧問。ディズニーチャンネル番組審査委員会議長。ラジオ・テレフォン人生相談パーソナリティー。
著書に『HAPPINESS AND THE MEANING OF LIFE』『心の休ませ方』『自信と劣等感の心理学』、訳書に『自己創造の原則』他多数。
  • オープンキャンパスのご案内 八丁堀校・中野校
  • 外国語 コースレベル選択の目安
  • 広報誌「早稲田の杜」
  • オープンカレッジ友の店